equの2018年の練習日記

ここをクリックすると、1999年の日記へ   ここをクリックすると、2000年の日記へ  
ここをクリックすると、2001年の日記へ   ここをクリックすると、2002年の日記へ  
ここをクリックすると、2003年の日記へ   ここをクリックすると、2004年の日記へ  
ここをクリックすると、2005年の日記へ   ここをクリックすると、2006年の日記へ  
ここをクリックすると、2007年の日記へ   ここをクリックすると、2008年の日記へ  
ここをクリックすると、2009年の日記へ   ここをクリックすると、2010年の日記へ  
ここをクリックすると、2011年の日記へ   ここをクリックすると、2012年の日記へ  
ここをクリックすると、2013年の日記へ   ここをクリックすると、2014年の日記へ  
ここをクリックすると、2015年の日記へ   ここをクリックすると、2016年の日記へ  
ここをクリックすると、2017年の日記へ  
ここをクリックすると、equさんのページへ  

正月

 今年は新しい家で迎えた年始です。
 家の中はやっと整えてお正月を迎えることが出来ました。


都道府県対抗女子駅伝

 直前まで駅伝があることを覚えていたのですが、クルマに乗ってラジオを聞いたとき、既に40位台がゴールインするところでした。
 見逃した競争は、兵庫県が大勝したようです。


喘息検診

 時間休をとってお医者にかかりました。
「(喘息発作時の緩和吸入薬の)メプチンはまだ有りますか?」「発作はありませんでした。ただバスに遅れないよう走ったとき、ゼイゼイと咳が続きました」というと、 お医者様は「走って喘息が出そうなときは事前に吸入しておいて良いんですよ。」
 それはドーピングに当たりませんかね?


勤務時間中に走って停職

 市民ランナーは余暇の顔であるべきです。仕事中は仕事人。
 ところが本末転倒なランナーがいたようです。

 

朝日新聞 2018年2月06日
4人を停職 神戸市

 神戸市は5日、4人を停職の懲戒処分とし、発表した。
 (略)
 勤務時間中にランニングをしていたとして、環境局の別の男性技術職員2人も停職15日にした。

 公務員は甘いと言われても仕方ありませんね。


観梅の公園

 寒くなって、ながらく休んでいた昼休みのジョグを再開しました。

 前に見つけていた公園の梅が見頃ではないかと、出かけたのです。
 白梅の花はまだ3分咲き、といったところ。それでも、梅の木の前でカップルがお弁当を広げていました。

 ここは西明石に近い、大字鳥羽。鳥羽八幡宮の裏の、神田公園。
 梅にまつわる歌碑があります。

 『雪の色を奪ひて咲ける梅の花 今盛りなり見む人もがも』
 (雪の色を奪って梅は花ざかり、誰かに見せてやりたいものだ)
 『万葉集』(巻5−八五〇) 大伴旅人の歌ということです。

 大伴旅人は、征隼人持節大将軍として九州に出陣したり、大宰帥として太宰府に赴任したりして、 天平二年正月十三日には太宰府で観梅の宴を開き客とともに詠じた歌三十二首が万葉集に納められています。
 しかしこの歌は、その往還に鳥羽で歌ったものでもないようで、何故この歌碑がここに設けられたかは、不明です。


滑った!擦りむいた!

 底の減ったウォーキングシューズ。出勤時に踏ん張ってくれず、痛い目に遭いました。


川内優輝、ボストンマラソン優勝!

 4月16日の第122回ボストン・マラソンで、川内優輝が優勝したとニュースが入ってきました。

 寒く、冷たい雨に打たれながらの優勝です。
 記録は2時間15分58秒ですが、悪条件のなかの勝利、おめでとうございます。


川内優輝、成田帰国時にプロ転向発表

 ボストン・マラソンに優勝した川内優輝が、帰国早々にプロマラソンランナーとして自立することを宣言しました。

 公務員(県職員)ではいろいろ制約もあるのでしょう。更に、橋を焼いて退路を断つことで自分をかき立てる思いも伝わってきます。
 ですが、彼も31歳。ランナーの旬な時期ももう残り少なくなっています。
 いや、だからこそ今、自立するのでしょう。とにかく頑張って欲しいものです。


初夏のいなか道

 休みの日のジョグはずいぶん久しぶりです。呼吸に気を配りながら、ゆっくりと走ってみました。
 西神1号線を東にとって桜が丘まで、そこから押部谷へ降りて明石川沿いに高和へ、そしてインダストリアルパークに登って帰ります。

 西神中央からぐるっと押部谷を回ってまた帰ると言うと、押部谷の盲導犬総合訓練センターのおじさんが驚いていました。

 でも今日も、押部谷の田んぼ道を走るランナーを見かけました。
 いなか道のロングジョグがすっかり定着しています。
 もうランニングはブームではなく、生活スタイルの一つになったようです。


昨日につづいていなか道ラン

 今日のジョグは平野谷です。

 久し振りのジョグ、ゆっくり走ったのですが坐骨神経を痛めたようです。右臀部の下部に鈍痛があります。
 ストレッチを十分しなくては。
 それで良くならなければ整骨院に行きましょう。


帰宅ランを再開

 明るくさわやかな初夏の夕べを楽しめる季節となりました。
 帰宅ランを再開することにしました。

 ザックが重く腰が引けてしまいます。


帰宅ラン3日目

 先週始めた帰宅ラン。昨日も走り、今日も走りました。

 櫨谷川の堤防を走っていたら、上流から男性3人が走ってきました。 はっきり言って、連って走っているのは珍しい。
 真ん中の一人は、ランニングシャツです。しかもその胸いっぱいにベトナム国旗があります。
 すれ違う時聞いた、しゃべっている言葉、ベトナム語だったのかな。

 重いと感じていたザック、だんだん重さに慣れて走れるようになってきました。
 湿度が低く、走っていて気持ちのいい夕方でしたが、明日は雨が降るようです。


帰宅ラン4日目

 今日も走って帰ってきました。

 シャワーを浴びてから、思いついて体重計に乗ってみました。
 57.2kg! 十数年ぶりの身の軽さです。

 話変わって、近所にある企業、シスメックスの女子陸上競技部。
 ここしばらく寮に選手の姿が見えなかったのですが、今朝、またいつもの朝練を始めていました。
 コーチに合宿だったんですか、と声をかけたら、そうですと言うことでした。


明石の海を見てきた

 今日は昼休みランをしました。職場を出て、船上町望海浜公園で海を見て、また同じ道を帰りました。海まで走ったのは、配属以来2度目です。

 帰宅ランはお休みしました。


雨の間の貴重な晴れ

 雨あがりの今夕はまた帰宅ラン。

 明日はまた雨が降るという。それに明日は夕方は別事業所に行っているから走れません。
 週末には晴天が安定するようで、梅雨入りは来週になるようです。


晴れの週末

 土日は2日とも早起きして、早朝ラン。
 土曜日は櫨谷を遡ってから枝尾根を登って、西神1号線に出て帰ってきました。

 日曜は平野から住吉神社前を通って細田を抜け、押部谷、桜が丘、そしてまた西神1号線を通って帰ってきました。
 昨日より1時間遅かったので、走ったり自転車練習する人がたくさん出ています。

 細田の道を走っていると、向こうから原付が来ます。すれ違うところでそれが止まり、ヘルメットを脱いだのはジローさん。
 奇遇です。驚きましたが、久しぶりの立ち話。7月に富士登山駅伝壮行会があると教えてくれました。ありがとう!

 西神1号線の下り坂。
 ハイペースで飛ばしていると、車道をバイクが抜いていきました。追い抜きざまにちらりと見られたよう。
 赤信号を待っているバイクに追いついて挨拶を交わすと、いいペースだったとねぎらってもらいました。
 下り坂は得意です。


帰宅ラン

 今日はまだ天気がもちました。
 夕方走って帰ることが出来ました。

 明日は代公休、走るなら午前中。


朝ラン

 代公休日。朝から明石川を細田へ走りました。

 午後から予報通りパラパラと雨が降り出しました。今日、中国地方が梅雨入りしました。


休みは朝ラン

 週末は土日とも朝から走りました。
 櫨谷を明石方面に向かって少し。

 土曜日には、前に見つけた街道沿いのドコモの蓄電池ステーションをもう一度見に。
 やっぱり引き込み線だけ。無線アンテナも送出配線も見当たりません。

 日曜日は、久し振りに登った西神南の街の、北端にあるグランドの外まわり。
 長谷の集落へ降りる里道が見つからないものか、探したのですが、やっぱり見つからなかった。それで西神中央線沿いに走って戻りましたが、つまらなーい。


帰宅ランを走り終えてみると・・・

 夕方、いつものコースを帰宅ラン。
 ホトトギスを見かけてご機嫌。帰宅後、シャワーを浴びて体重計に乗ると、56.0kgは新記録です。


ここをクリックすると、ページトップへ戻る                            
ここをクリックすると、1999年の日記へ   ここをクリックすると、2000年の日記へ  
ここをクリックすると、2001年の日記へ   ここをクリックすると、2002年の日記へ  
ここをクリックすると、2003年の日記へ   ここをクリックすると、2004年の日記へ  
ここをクリックすると、2005年の日記へ   ここをクリックすると、2006年の日記へ  
ここをクリックすると、2007年の日記へ   ここをクリックすると、2008年の日記へ  
ここをクリックすると、2009年の日記へ   ここをクリックすると、2010年の日記へ  
ここをクリックすると、2011年の日記へ   ここをクリックすると、2012年の日記へ  
ここをクリックすると、2013年の日記へ   ここをクリックすると、2014年の日記へ  
ここをクリックすると、2015年の日記へ   ここをクリックすると、2016年の日記へ  
ここをクリックすると、2017年の日記へ  
ここをクリックすると、equさんのページへ