ジョギングよもやま話

ここをクリックすると、equさんのページへ戻る


吐いて吐いて、吸って吸ってが基本

 呼吸法は、吐いて吐いて、吸って吸ってが基本、とわたしは教えてもらいました。

 吐いて吐いて肺の中を空にしてしまって、その後広がる肺の中に自然に空気が流れ込むままにする感じで...
 吐いて吐いて吸う〜ってでもいいと、陸上部出身者に聞きました。(だんだん、どうでもよくなる(笑))


 これでまた一つ、思い出した事が有ります。

 ここH県には「倶に(京都の)天を戴けない」ライバル2校があって、 一方が川沿いの練習コースでマスクをかけてトレーニングしていたのは有名でした。 その理由が、呼吸量を制限する事で、取り込む酸素量を減らす、早い話が低地で高地トレーニングできる、というものでした。

 そこでequilibrioが考えたのは、
吐いて吸わなきゃ同じことができるじゃないか。

 早速、翌日から吐いて吐いて吐いて吐いて、吸って吸ってと練習をして見ました。

な・ん・だ・か・と・っ・て・も・苦・し・い、

これはイケル!


 その翌日は、吐いて×6+吸って×2
 そのまた翌日は、吐いて×8+吸って×2


 さしたる効果は見られませんでしたが、その後もときどき楽しんでみるequilibrioでした。


駅伝を楽しもう

 今度の日曜に駅伝出場です。

 1区が速いので、楽しみです。(^^;
監督ではないので、3区へんの駆引きは分かりませんが、抜かされないのが当面の目標です。


 というわけで、ミニ駅伝、参加して来ました。
 大きな大会でも、強豪揃いの試合でもなく、どちらかというと終了後の抽選がメインの競争のような...(笑)

 号砲が鳴って、選手がトラックを駆けていきます。若い子がどんどん飛ばします。 うちのチームは8位で外に出て行きます......


 アッ、先頭が帰ってきた。ナンバーカード17番、続いて8番。続いて、うちのチームだ!

 2走がいきます。3区のequilibrioもフィールドでアップを始めました。だんだん緊張が高まります。
 1位、2位がタスキを渡し、equilibrioも白線に立ちます。

「equilibrioさん、ゆっくりいきましょう!......ひとり抜いたら充分ですよ!!」
 そりゃあ、充分過ぎるよ。(観客一同爆笑)

 結局、equilibrioは抜きもぬかれもせず、4区は一人抜いたものの、中学生にぬかれ、 (おじいさんを抜いたらあかん、というてました。)めでたく3位入賞となりました。


駅伝...その結末は、二日後


 いたい、いたい!

 昨日はなんともなかったが、

 いたい、いたい。

 今夜は、臀(しり)が、

 いたい!いたい!!

 上向いて、脚上げて

 足首持ってすとれっち。

 あしたはジョグができるかな。


雨の山登り

 今日は結局一日雨が降り続きましたね。

 今朝は、加古川の高御位山に登りました。 標高304mと小ぶりな独立峰ですが、播州平野に屹立する岩の多い秀麗な山です。 クルマで片道1時間、山は登り下りで1時間・・・

 なんでこんな雨の山登りかといいますと、マラソンとはまた別の、山の会の一人が、ずっと登りつづけて今日が1000回目。 記念の登山を皆で一緒にお祝いしようというのです。
 途中、地震もありましたが、1000回に8年かかっているそうです。 次の2000回は還暦の誕生日、二月と決まりました。心配なのは私以外のかたが、そのときみんなそれ以上。 一体何人が一緒に登れるでしょうか。

 下は小雨でしたが山頂は雲の底に潜り、けっこう濡れました。でも、68才になる方がいってましたよ。 「こんな雨の記念登山だから、忘れない日になる」と。

 頂上から、けきょけきょという鴬の囀りを聞きました。
 尾根からの下り、エナガらしい鳥の群が樹間を過ぎて行きました。


ヒメオドリコソウ


街角をいそいでいると

街路樹のねもとに ちいさな はなが

おや おや

こんな土にも はるがきた

おもわず ほころぶ頬

それから そらをみあげてみる

はるのひかり

ゆっくりいこう ゆっくりと


白い山吹?

 六甲山の麓、山のかかりで、白い花を見つけました。

 一重の花びら。葉を見れば山吹かなぁ。白い山吹もあることはあるようです。ただ、山吹なら五弁。この花は四弁。

 いったいなんの花でしょうか。


 気になりだすとあちこちで目に付きます。

 篠山にいってもありました。


"Children of Heaven"

 イラン映画、邦題は『運動靴と赤い金魚』

 映画ではなく、脚本を本にしたものを読みました。

 貧しい兄弟、家族のお話です。惨めさをかみ締める閑もない。悲しさも、喜びもからりと即物的に、流れて行きます。

 ちょっとした手違いで兄は一足しかない妹の靴をなくしてしまいます。

 妹に責められ、開き直る兄。(よくありますね)でも責任は充分感じています。

 学校対抗マラソンの3等賞は運動靴、脚に自信のある彼はこのマラソンにかけます。

 1997年発表、その年のモントリオール国際映画祭でグランプリ、等々の作品です。
 映画のクライマックスのマラソン・シーンは"『ロッキー』のボクシング・シーン以来の興奮"という評まであったとか。

 いつか映画も見てみたい。

 マラソンの映画、あまりないですね。少ない中で『炎のランナー』もよかったな。


中天の半月

 夕方練習していると、空に半月がかかっていました。

 夕空の三日月や半月の暗い側をじっくり見ていると、薄ぼんやりと影が見えます。

 地球照といい、地球の大気面で反射された太陽光が月を照らしているのです。 月に足跡を残したアポロ着陸船の背景に浮かんでいた、あの青い地球の輝きを思い出してください。

 明るい月の昼間半球と地球照に照らされた夜半球、じっと見ているとだんだん大宇宙に浮かぶ球形の天体として月が見えてきます。

 昼半球の真正面(本当は真上側)には沈む太陽が対向しています。

 自然に身体が35度傾いて、白道(月の公転面の天球への投影)の北極軸とひとつになります。

 空が暗くなるにつれて、月は遠近感がなくなり天球に貼り付けられた銀紙になります。

 地球照に照らされた半球も闇に沈んでしまいます。

 そろそろ事務所に帰る時分です。


『オリンピア第1部 民族の祭典』

 2000年はオリンピアード。

 シドニーの中継を待ちながら、さまざまなスポーツ番組がオンエア。

 そのなかでも、ベルリンオリンピックの記録映画は秀逸です。 レニ=リーフェンシュタールの毀誉褒貶とともに『オリンピア』の名は永久に残るでしょう。

 今回はじっくり見ています。 何の演出もない記録フィルムを構成しただけなのに緊張感を途切らさない、スポーツマンのドラマに仕上がっています。

 続いて、『オリンピア第2部 美の祭典』も見逃せなくなった。

 意外だったのは、日本選手が画面に多く取り上げられていたこと。 もちろん、ナチスの友邦として重んじられたこともあるでしょう。
 しかし、画面のなかで、彼らは物怖じせず、真摯に世界に挑戦しています。
 10,000mの村社の健闘と凋落。走り高跳び、棒高跳びでも健闘する日本選手。

 圧巻は、マラソンをひたすら走りつづける孫選手の優勝まで。

 日本の選手として応援してしまいます。ユニフォームも今とまったく同じだしね。


 もう一つ気づいたのは、どの国の選手も人間らしい体つきをしていたこと。 スポーツ科学なるものがまだ無い時代の素朴な身体、まだアマチュアだったんですね。

 昨日の『炎のランナー』もよかった。


シドニーオリンピックの金メダル

 女子マラソンの高橋尚子選手が優勝しました。

 しかも2時間23分14秒というオリンピック最高記録で。

 すごい試合でした。

 18kmまでスローペースですすんだレースは、そこから高橋が前へ出てひっぱります。 ルーマニアのシモン、日本の市橋が辛うじてついていきます。

 その市橋も27kmの橋の上り坂で置いていかれます。

 影のようにぴたりとつくシモンの様子を窺う風もなく、高橋は淡々と走ります。

 トレーニングで鍛えたシモンの上半身に比べ高橋は、か細くたよりない。
 肘が脇に貼りついたような高橋の腕振りも、不安になります。
 ましてシモンは、今春の大阪、ゴールの直前で弘山選手のオリンピック代表の夢を暗転させた、粘りの実力者です。

 テレビの実況中継を見ていても、悪いほう悪いほうへと思いは傾きます。

 35kmで高橋はスポーツグラスを捨ててロングスパート。もうシモンは追従できません。


 ところが、スタジアムに入る直前から高橋は急に後ろを気にしだします。 トラックに入った高橋は自信に満ち溢れたとはいえない顔つきでした。 最後は30mまでシモンに迫られました。

 昼前にNHKで録画放送がありました。広告もなく結果もわかっていたので、安心して細かいところまで見ることができました。
 コース最後に繰り返される登りくだりで、高橋は微妙に加速を繰り返します。

 最後のスパートでは腕振りがぐんと大きくなり、圧倒的なスピードを見せ付けます。
 ただ、それはトラックまでは持続しなかった。 力尽きたことがわかった高橋はぎりぎりのところで逃げ切るようにゴールしたようです。


 たとえそうでも、いやそうだからこそ、大舞台で全力の限りをつくすことができた高橋はすごい選手です。
 最強、全盛期といわれた宗、瀬古、中山はロスアンジェルスではその全力を出せなかった。

 高橋のつよさ、もっと考えてみたいと思います。
【世界最高記録へ】


神経痛??

 寒くなってきました。

 寒く、しかも湿度がたかいと、左の腕が痛みます。

 脂肪も肉も薄いので、腕の骨が芯まで冷えてしまうようです。冷えた骨の髄が鈍痛になって神経に現れるみたい。

 わかいころから、ずっとです。
 これからだんだんひどくなるのでは、と内心恐れているequさんです。


ランナーのすみわけ

 家の近くを走っていると、今日は随分走る人が多いことに気づきました。

「天気がいいから、走りに出る人が多いんだな。この分なら知り合いにも合えるかな」
「それにしても、こんなに出会うのははじめてだ」

 暫らくして、昼休み時間であること、そして平日の代休日に走っていることを思い出しました。
 そうです、この時間、いつもは職場の周りを走っているのです。そして、今すれ違った人たちとはほとんど接点がないのです。

 寂しいような、それでもずっと心強いような気がしました。


世界最高記録

 ベルリンマラソンで高橋尚子選手が世界最高記録で優勝しました。

 2時間19分46秒。女子マラソンで最初に20分を切った記録です。
 ただし、翌週のシカゴで2時間18分47秒でキャサリン・ヌデレバが記録を塗り替えてしまいましたけれど。

 昨年がオリンピックイヤー。有力選手はオリンピックに出場すること、そしてそこで勝つことを目標に練習し、勝負しました。
 あけた今年は、記録を目指す選手が多いのはいつものこと。
 4年ごとのオリンピックが終われば、選手の顔ぶれも新しくなります。

 高橋だって、シドニーオリンピックを経てビッグネームとなったわけだから。次は追われる立場です。



 残念だったのは、あいかわらずのマスコミ。

 九月三十日のベルリンマラソンでの高橋の記録挑戦を事前に宣伝し、 高橋出演のCMをじゃんじゃん流し、直前には小出と高橋のこれまでをドラマにして放映する。

 挙句は世界記録挑戦へ向けて、ベルリンに特別実況中継チームを送り込む。 画面は高橋ばかりを追う。ライバルはあいかわらず記録保持者のロルーペだけ。

 もし高橋が新鋭に大敗していたら、情報不足、おろかな番組作りを非難されてもしかたなかった状況です。

 高橋・小出組は立派にプロとして演出したんだね。
【シドニーオリンピックへ】
【高橋尚子引退へ】


『白い粉』

 9月11日、あのニューヨーク、ワールドトレードセンターの崩壊以来、そしてそれに続いた炭疽菌テロがあってから、企業や公共団体の施設の保安管理担当者、交通運輸関係者、そして警察は白い粉騒ぎに神経を尖らせています。

 幸い今のところは警備関係の誤認や、愉快犯の便乗で済んでいるようですが、数日に一度は新聞記事にあがります。

 でも、一般市民にとっては遠いところにあるようです。
 わたしたちジョガーも、まさか自分たちに関係することがあろうとは思っていませんね。

 でも、そのまさか、まさかのことで、きつく叱られたジョガーもいるようで・・・・・


産経新聞2001年11月06日 市役所近くで「白い粉」騒ぎ
―神戸― 道しるべに小麦粉まく

 五日午後八時半ごろ、神戸市中央区の神戸市役所の南東約三百bの市道で、「白人の男がペットボトルに入った白い粉を路上にまいている」と一一〇番通報があり、葺合署員約二十人とガスマスクに防護服姿の消防隊員が出動、周辺に警戒線が張られる騒ぎになった。

 葺合署員が近くでジョギングをしていた中年の英国人男性に事情を聴いたところ、「ジョギングで道に迷うといけないので小麦粉を目印にまいていた」と説明、ほかに日本人を含む五人が同様の理由で小麦扮をまいていたことを認めた。

 米国などで炭疽(そ)菌テロが続発していることもあり、葺合署はこの六人に厳重に注意した。

 ハッシュってご存知でしょうか。
 私もよくは知りませんが、街の中にしるしをつけて逃げるウサギ(hare)をゲーム参加者が追っかけるゲームだそうです。

 神戸にもこのハッシュ愛好会があるようです。
 いや、Kobe Hash は中でも伝統あるクラブのようで、二十年ほど前、私たちが走り出した頃、ロードレースにその名前で参加し、上位に入賞する女性ランナーもおられました。

 今は、どうもハッシュクラブには不遇の時期のようですね。

【新聞を読んで ページトップへ】


『サハラマラソン』

朝日新聞2003年12月05日 ;情報コーナーから

 来年4月9〜19日モロッコのサハラ砂漠で開催される第19回サハラマラソンの参加者を募集中。
 約230kmを7日間に分け、食料自給で走るレースで「世界一過酷なマラソン」と言われる。
 今年は、世界28ヶ国から661人が参加、日本からは男性5人、女性3人が挑戦した。
 初出場の大貫高輝は総合144位(約34時間)、6度目の出場だった前田恵実子は同134位(約33時間半)でゴールした。

♀「『世界一過酷なマラソン』だって。でも長いのだったら大陸横断ウルトラレースだってあるよね。」
♂「7日間で230kmだったら1日30km強。東海道を2週間くらいで普通に旅していたんだよね。」
♀「やっぱり砂漠の過酷な環境ってのが、ポイントなんじゃない?」
♂「『食料自給で』ってところかもね。砂漠でナイフ片手にトカゲ探したりして!」

【新聞を読んで ページトップへ】


古いタオル

 キロ4分で練習してたらしんどくなってしまいました。精々2キロしか持ちません。 こんなはずではなかったのに・・・
 10kmや20kmは走れるはずだったのに。
 でも、去年の秋に喘息発作を起してからは、練習を追い込めませんでした。 健康診断での内臓数値もグレーゾーンをさ迷っています。

 練習を終えて更衣室で汗を拭いていたら、タオルが裂けました。
 20年近く使ったタオルです。 日褪せも無く見た目はしっかりしていたのですが、生地はすっかり弱っていたようです。


5,000mの記録?

 夕方の陸上クラブでひとしきり走った後、一人で5,000m走を走りました。 サッカーコートで練習していた冬の間出来なかった、タイムトライアル。
 1周目は87秒。
 5周走って、7分10秒。
 3,000m 9分25秒。
 4,000m13分00秒。
 5,000m16分48秒。
 やった!この歳で再び16分台が出るなんて。
 この冬、まじめに喘息治療してきた結果が出たのかな。

 「ねえ、この記録見てくださいよ。ホラ」
 嬉しさのあまり、つい自慢してしまいました。

 帰りの電車の中で、もう一度数えてみたら、3,000mが速すぎるようです。 この1,000m2分15秒で走っている・・・わけないよね

練習日記へ戻る。


アテネオリンピックの金メダル

 女子マラソンで野口みずき選手が優勝しました。

 4年前のシドニー大会で優勝した高橋尚子に続いて、2度目の金メダルです。

 アテネのコースは高低差200m。更にスタート時35℃の悪条件でした。

 シドニーの大会にもましてスローペースのレース前半。 世界最高記録保持者ラドクリフを軸に選手は第一集団をつくって走ります。

 中盤の25km、27kmで野口が飛び出します。 25kmではアレムが続きますが、彼女も27kmでは置き去りにされます。 驚いたことに、スパートをかけたところは、どちらも長い上り坂の途中。

 坂の頂点を越えると、あとはパナシナイコ競技場へ駆け下るだけです。 ところがこの長い下り坂で、後続の選手の中から追いすがる選手が出てきました。 ヌデレバです。ラドクリフの前、高橋の次ののマラソンレコードホルダー。

 40秒あった時間差は12秒までになってしまいました。
 「頑張れ野口!」遠い日本から、届かない声援が飛びます。
 ライブで見ていると、この先がわからないから、じりじりじれてきます。 野口も後ろを気にしだしたのは、ひょっとしたら失速しはじめているのかもしれません。

 野口はパナシナイコ競技場に辿り着きました。 でも、ヌデレバは50m後です。一周半の周回が長かった。

 終ってみればすごいマラソンでした。
 棄権したラドクリフを始めアレム、土佐、坂本と、もう死屍累々たる有様です。
 野口もゴールして蹲ってしまい、暫く救護ベッドに寝ていたそうです。

 こんなマラソンでは、優勝争いに最初から加わらなかった選手が案外力を温存して上位に食い込みます。 今回3位のカスターもそんな選手です。

 なんだか割り切れないなぁ。


『高橋尚子引退』

 帰ってみると、夕刊一面中段に「高橋尚子引退」の字が躍っていました。

 アテネオリンピック大会選考に敗れてから、なかなかいいところが無かった高橋ですが、突然の引退発表となりました。
 不調を振り切るように、このシーズンは東京、大阪、名古屋の三大マラソンを走ると宣言していたのですが、 シーズンに入って思うように走れないと、引退を発表したものです。

 1998年 名古屋女子マラソン優勝デビュー。
 1998年 アジア大会マラソン2時間21分47秒の日本最高記録で優勝。
 2000年 シドニーオリンピック女子マラソン優勝。
 2001年 ベルリンマラソン優勝。2時間20分を切る世界最高記録の2時間19分46秒。

毎日jp 2008年10月28日 高橋尚子引退:会見で表明「完全燃焼、さわやかな気持ち」

 2000年シドニー五輪陸上女子マラソン金メダルの高橋尚子選手(36)=ファイテン=が28日、 東京都内で会見し、競技生活からの引退を正式表明した。 理由について高橋は「練習でどう試行錯誤しても、全力でやっても、納得いく走りができなくなった。 肉体的、精神的に限界を感じた」と説明。 現在の心境について「自分の中では完全燃焼。さわやかな気持ちです」と笑顔で語ったが、 会見の最後には感極まって涙を流し、顔を手で覆う仕草を見せた。

 アテネ、北京の両オリンピック選考大会に破れた高橋に対して、ファンは暖かく応援を続けた。 しかしピークを過ぎた高橋には、それが重荷になっていたのかもしれない。
 金メダルは日本の高橋を降りることを許さず、高橋はレースを走り、会見を受け続けることで、 たった一人でその重さを担い続けた。
 そろそろ、ゆっくり休んでください、高橋さん。

【シドニーオリンピックへ】


『パラリンピック2004』

朝日新聞2004年09月23日 ;両足義足バネ生かす−陸上男子200−
世界新21秒97 南ア・ピストリウス

 走るというより、足裏に強力なバネをつけ、跳びはねる感覚に近い。

 第5日の男子200メートル(切断など・T44)で、オスカー・ピストリウス(南マフリ力) が従来のタイムを0秒74縮める21秒97の世界新で金メタルだ。 決勝に進んだ8人のうち、4コースのピストリウスだけが両足に義足をはめていた。 先天的に、びざから下がない。足底にスパイクがついている板状のカーボン製義足は、 生身の足では得られない強烈な反発力を生む。 両足が宙に浮く時間が、他の選手より明らかに長い。しかも、無駄に上に跳ねるのではなく、 前への推進力に生かすテクニックが優れている。

 モーリス・グリーン(米)にあこがれる17歳の高校生は「スタートに失敗しなかったのが勝因」。 特に後半の加速は、ライバルを圧倒した。 銀メダルのマーロン・シャーリー(米)は、取材ゾーンで不満げだった。 100メートルの世界記録保持者は「彼のひざから上の身長はオレより低いのに、 義足が長くないか?ストライドが大きければ有利だ。人間はマシーンには勝てないよ」。

 国際パラリンピック委員会に聞くと、義足は「規定の範囲内」。 筋違いなやっかみが漏れたのは、あまりに驚異的なタイムゆえか。(稲垣康介)

♂「なんか、歯切れの悪い記事やな。」
♀「両脚そろて《義足が長く》て《ストライドが大き》ーいて、 それが《生身の足では得られない強烈な反発力》があるなら、 銀メダルライバルが言うことも、わかる気がするわ。」
♂「脚が長いほど、蹴った脚を速く返すのに力が要る。そのパワーを出すんが、末続なんかの太い太腿や。 それが複合カーボン樹脂の軽量義足になったら、そんなにいらへん。これも有利に思える。」
♀「話、かわるけど、パラリンピックも記録争いになってきて、ドーピング検査もきつなってるて書いてた。 選手が病気の治療薬も使いにくなったて。」
♂「その片方で《義足は「規定の範囲内」》やから《筋違い》。 規程の内やったらなんでもしてええ。そう書いとるんや。(嘆息)」

♀「で、21秒97は速いのん?」
♂「日本陸上の健常者200m最高記録は2003年末続慎吾の20秒03や。 世界記録はマイケル・ジョンソンの19秒32。 まだまだ差はあるけど、そやけど素材や制御技術は日進月歩やさかいわからんで。」
♀「そないなったら、車椅子マラソンみたいに、障害者のほうが速よなるね。」
♂「社会生活でも機能補助されたもんが、そうでないもんより優れた能力を身につけたら、 そりゃええことやけど、あんまり早いこと進んだら、 そしたら健常者が積極的に身体改造したり、またいわれない差別がひろがるかもしれへんで。(大嘆息)」

【新聞を読んで ページトップへ】


『義足ピストリウス2位−男子400−』

朝日新聞2007年07月15日 ;「観客が背中押してくれた」
陸上ゴールデンガラ

【ローマー-小田邦彦】13日にあった陸上のゴールデンガラで、 両脚に障害があるクラスの世界記録を持つオスカー・ピストリウス(南アフリカ)が男子400メートルBレースで、 一般選手と走り、46秒90で2位に入った。

 ひざ下が義足のピストリウスは自已最高には0秒90及ばなかったが、 「観客が私の背申を押してくれた」と満足げ。 「大会のもてなしが温かかったし、ほかの選手のサポートにも感謝している」とさわやかな笑顔を見せた。

 ピストリウスは北京五輸への出場を希望している。 国際陸連は、カーボン繊維製の義足から、規則で禁じている助力を得ていないかを調査中だ。

 (以下略)  (共同)

♀「ピストリウス選手は北京オリンピックへ参加したいんやろうね。」
♂「まあ、そらそうやろうな。走って速いんやから、オリンピックでも走ってみたいやろ。 でも、それがカーボン義足のおかげかどうか、やね。」
♀「今回、一般選手と一緒に走った、いうことは世界も認めてるんかな?」
♂「障害者に下駄を履かせて同じスタートラインに立たせる、いうのはいわゆるポリティカリィ・コレクトな意見。 でも、下駄が高すぎると平等な競争にならへん。技術で高さ調整ができることが問題やろ。世界記録の意味が変わってしまう。 ここんところはぐっと我慢して欲しいところやな。」

【新聞を読んで ページトップへ】


『義足ピストリウス−五輪出場認められず』

朝日新聞2008年01月15日 ;義足選手五輪出場認めず
国際陸連「規約に抵触」

 昨年7月に伝えられた、ピストリウス選手の義足の国際陸連の調査結果が、標題のとおり出ました。

 障害者の陸上で両脚に障害があるクラスで短距離3種目の世界記録を持つオスカー・ピストリウス(南アフリカ) が北京五輸出場を求めていた問題で、国際陸連は14日、ピストリウスの義足は規約で禁じる 「競技力向上を手助けする人工装置」にあたるとし、国際陸連のルールで開かれる一般の大会への出場を禁じると発表した。 北京五輪への出揚も認められない。

 国際陸連は昨年11月、ドイツで本人と一般選手5人を集めてテストを実施、ピストリウスは一般選手と同じ速度で走るとき、 約25%少ないエネルギー消費で足りることなどの優位性が明らかになった。

♀「ピストリウス選手は、北京とその次のロンドンオリンピックへの参加を求めてスポーツ仲裁裁判所へ提訴するそうや。 『障害のあるすべての競技者の代表として、必要な補助器具を使って競技する能力を制限することに反対する』と主張してるんやて。」
♂「国際陸協もそれなりの調査をしているわけやから、冷静に考えて欲しいな。」
♀「冷静にと言うても、一般選手を目指して頑張って来たんやから、互角に走れるとなるとあきらめきれへんやろう。」
♂「前も言うたことやけど、ハンディがあるからゆうて、それ以上の競技力向上が認められるわけにはいかへん。 オリンピックマラソンに車椅子マラソンランナーは参加出来ひんやろ。」

【新聞を読んで ページトップへ】


『義足走者五輪に道 CAS裁定』

朝日新聞2008年05月17日 ;義足走者五輪に道 CAS裁定

 今年1月、一旦五輪出場が拒否されたピストリウス選手へ朗報がでました。

【ロンドン=村上研志】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は16日、両脚に障害をもち、カーボン製の義足の陸上男子スプリンター、 オスカー・ピストリウス(南アフリカ)が北京五輸など一般の大会への出場を求めたことについて、 認められるとの裁定を下した。

 国際陸連は義足が人工的な推進力を与えるとして認めなかったが、 義足で受ける利益が科学的に十分証明できないとして、これを覆した。国際陸連は裁定を受け入れると発表。

 ピストリウスは最も出場の可能性が高い400bの個人記録でも参加標準タイムに達しないが、 南アが参加すればリレーチームでの出場ができる。

 ピストリウスは障害者陸上で、両脚に障害があるクラスで短距離3種目の世界記録保持者。

 国際陸連は本人と共同で義足が有利に働くかをテスト、義足は規約で禁じる「競技力向上を手助けする人工装置」とした。

ピストリウスの話
 正義が下された。五輸に出る夢を追うチャンスができた。(ロイター)

♀「なにはともあれ、ピストリウス選手善かったね。」
♂「国際陸連は義足が推進力を与えているとしたが、仲裁裁判所は科学的に証明できないときは選手の利益をはかるとしたわけや。 これからは、有障害競技者の一般大会への進出が増えるやろな。」
♀「障害者は必ず健常者より劣る、という認識は間違ごうてるゆうことやね。」
♂「北京オリンピック前に、新記録続出のSPEEDO社の水着の話題がにぎやかやけれど、 これで義足メーカーの技術開発がすすむやろうな。」

【新聞を読んで ページトップへ】


 北京オリンピックが始まりました。

 ピストリウス選手は、結局標準参加記録が切れなくて参加できずじまいでした。


 北京パラリンピックが続きます。

 ピストリウス選手は、3冠金メダルでした。


 4年が経ち、2012ロンドンオリンピックの年となりました。

 ”ブレード・ランナー”ピストリウスは今回、400m準決勝まで進出しました。


 ロンドンオリンピックから半年経った2013年2月14日の早朝、 オスカー・ピストリウスは自宅で交際相手を銃で4発撃ち殺害した容疑で逮捕されました。

 なんとも驚くべき結末です。


ワールド・マラソン・メジャーズ

朝日新聞2006年11月04日夕刊 ;自転車王者次はマラソン
X7で引退 35歳 新たな挑戦
5日号砲 NYCマラソン

 自転車元王者と言うのは昨年夏のツール・ド・フランスで前人未到の7連覇を達成したランス・アームストロングです。
 自転車界のことはほとんど知りませんが、大変な連勝記録です。
 その彼が、ニューヨークシティマラソンに参戦するという新聞記事なので、見出しを読んで、 上位を争う有力選手と注目されているのかと思いましたが、ちょっと違うようです。

 「ハイレベルなプロスポーツ選手としての日々は終わった。 これは勝ち負けではなく、個人的な目標だ。自分を前進させ続けるために、何かが必要だった」。AP通信などでそう語っている。

 96年アトランタ五輪出場後に発覚した睾丸がんを克服し、自転車レースの頂点に君臨した。 97年に基金を設立して、がん撲滅と患者の支援に奔走してきた。今回の挑戦にも資金集めや啓発活動の側面がある。 「テレビばかり見ているような人間にはなりたくない。同年代の人々のいい手本になりたい」

 なるほど、そういうことですか。世界チャンピオンでがん克服、チャリティにも熱心と頭が下がるばかりです。
 まあ、訴求力は全然ないけれど私だって下腹出たようなおっちゃんにはなりたくない。 走る理由は似たようなものですな。

 それとは別に、「ワールド・マラソン・メジャーズ」というのを初めて知りました。 今年から始まったマラソンツァーだそうですが、このような仕組みは初めて出来たように思います。

 (ニューヨークシティマラソンの)レースは、今年新しくツァー化された5大マラソン「ワールド・マラソン・メジャーズ」の最終戦。  世界記録保持者で2連覇を狙うポール・デルガト(ケニヤ)や一昨年覇者のヘンドリク・ラマーラ(南アフリカ)、 アテネ五輪金メダリストのステファノ・バルディニ(伊)らが出場する男子の優勝争いが注目されている。

 ワールド・マラソン・メジャーズは、4月のボストン、ロンドン、9月のベルリン、10月のシカゴ、11月のニューヨークの5大会と、 オリンピック、世界選手権の大会で、成績の良い4大会で、成績に応じて受ける配点を加算して争うものです。
 マラソンは年に参加できる大会数が限られるので、2年間を通じて加算されることとなっています。

 これからは、一番強いマラソン選手はワールド・マラソン・メジャーズのタイトルホルダーという評価が出来るのでしょうか。
 ここに入っていないパリやロッテルダム、そして福岡や東京はこれからどうなるのでしょうか。


asahi.com 2006年11月06日09時27分 ;ドスサントス初V、女子プロコプツカ連覇 NYマラソン

 ニューヨークシティマラソンが終わりました。結果は上記タイトルのとおりです。

 第37回ニューヨークシティー・マラソンは5日行われ、女子はエレナ・プロコプツカ(ラトビア)が2時間25分5秒で連覇を果たし、 男子はマリウソン・ゴメス・ドスサントス(ブラジル)が世界記録保持者のポール・テルガト(ケニア)やアテネ五輪覇者のステファノ・ バルディニ(イタリア)らを抑え、2時間9分58秒でブラジル選手として初優勝した。

 起伏の多い片道の難コースに男女3万8368人が参加。ペースメーカーに有力選手がついていかない展開となった女子は、 中間地点前でプロコプツカとタチアナ・ラディア(ウクライナ)の一騎打ちとなり、残り5キロあまりでプロコプツカがスパートし ラディアを引き離した。

 男子は中間点まで25人以上いた先頭集団から30キロ過ぎでドスサントスがスパートし、テルガトらの追い上げをかわした。 2位から5位までがケニア選手で、バルディニは6位に入った。

 男女とも優勝賞金は13万ドル(約1520万円)。レースは、5大マラソンをツアー化し、成績ポイントを争う 「ワールド・マラソン・メジャーズ」の最初の年の最終戦だった。女子はプロコプツカが今回の優勝でトップになった。 男子はボストン・マラソンを制し、今回は参加していないケニアのロバート・チェルイヨットが1位を守った。

 「ワールド・マラソン・メジャーズ」の各選手配点も知りたいものです。日本人選手はどうだったのかな?
 それと、ツール・ド・フランス元王者ランス・アームストロングは完走したのでしょうか?

【新聞を読んで ページトップへ】


朝日新聞2007年11月05日夕刊 ;ラドクリフが優勝 NYマラソン

 2007年のニューヨークシティマラソンの話題は、ママになったポーラ・ラドクリフが出産後約10ヶ月で優勝したことでしょう。

 第38回ニューヨークシティー・マラソンは5日、当地であり、女子は世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ(英) が2時間23分9秒で出産後の復帰初戦を優勝で飾った。 男子はマーティン・レル(ケニア)が2時間9分4秒で03年以来2度目の優勝を遂げた。

 市民ランナー3万9千人が参加。女子はレース序盤からラドクリフとゲテ・ワミ(エチオピア)の一騎打ちとなり、 残り700メートルを過ぎてラドクリフがスパートし、引き離した。優勝賞金は男女とも13万ドル(約1495万円)。

 男子は中間点まで25人以上いた先頭集団から30キロ過ぎでドスサントスがスパートし、テルガトらの追い上げをかわした。 2位から5位までがケニア選手で、バルディニは6位に入った。

 レースは5大マラソンをツアー化(07年は世界選手権を含む)し、2年間の成績で争う 「ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)」の最終戦で、女子は2位に入ったワミが、 男子は今大会に参加していない06、07年のボストン・マラソン優勝のロバート・チェルイヨット(ケニヤ)が優勝。 賞金50万ドル(約5750万円)を獲得した。

 ラドクリフは「最後の3キロの競り合いより出産の方がよっぽどつらかった」と語ったそうです。
 うちの嫁さんも「マラソンを走るより出産の方がよっぽどつらい」と言いますが、出産後18年経った今日に至るまで、 一切走りません。

【新聞を読んで ページトップへ】


ナンバーカードはどこ?

 テレビのチャンネルを変えていて、ヨーロッパの街を走る画像になりました。
 マラソンかな、そろそろシーズンだし。

 しばらく見ていておかしなことに気がつきました。「ナンバーカード」をつけてない!
 よくよく見ると胸にローマ字が見えます。
  UNGER
   GER

 放送を聴いていると、トライアスロンの世界選手権大会のようです。
 2007年9月2日にハンブルグで行われたレースで、参加選手は80名。
 限られた人数の、エリート選手のレースだから、名前と国名の表記でわかるということでしょうか。
 ナンバーはマジックインキで腕に書き込まれています。トライアスロンの規則ではこちらが正規表記なのでしょうか。
 それとも、どこかにチップをつけて走っているのでしょうか。

 見る側としては名前がすぐ分かるほうがいいから、マラソンのナンバーカードも、そろそろ変わるかも知れませんね。

 ちなみに、優勝者はドイツのダニエル・アンガー/1:43:18。
 アンガーと競った2位はスペインのチャベール・ゴメス/1:43:22.
 日本人は20位の田山寛豪/1:45:08など4名が走ったようです。
 秋口のドイツは気温17℃、水温16.7℃。レースには絶好です。


メディアが作る「物語」を笑え

 2007年前半、マスメディアに担がれたボクシング一家「亀田家」は人気の絶頂にあった。
 そしてその頂点から、一気に凋落した!いとも簡単に。

 確かにダーティな試合だった。
 しかしそれ以上に、未熟さが目立つ試合ぶりだった。拙い、幼い、と言っても良い。
 マスメディアがいかに盛り上げていても、非力さをみんな薄々気付いていた。
 だから、一遍に飽きられた。

朝日新聞2007年10月25日 亀田騒動 メディアが作る「物語」を笑え
海老原 修 横浜国立大教授(スポーツ社会学)

 漫画「巨人の星」の一徹と飛雄馬のように、親子鷹で世界の頂点を目指す一家。両親の離婚など艱難辛苦に耐える兄弟。 大口をたたき言葉通りにノックアウトする興毅や大毅選手---。 一家に分かりやすい物語を求めたのはメディアはもとより、それを望んだファンだったのではないか。 一家も要望に応え、私生活や派手な言動までが商品となりファンに届けられてきた。

 マスメディアはファンの要望があるからと、スポーツ選手のプロフィールを紹介し、 視聴者の大多数はそれがスポーツ番組の常道と受け入れてしまう。
 マラソンは特にひどい。競技中なのに、選手の競う姿を飛ばしてプロフィール紹介するのが、前半の定番になっている。
 それにかぶる、解説にもならないアイドルの嬌声。

 プロ野球に「球音を楽しむ日」というのがある。笛や太鼓など鳴り物を使った応援を自粛し、 打球や投球、走塁など野球本来の音を感じようという試みだ。これにならい、テレビでスポーツを観戦するのではなく、 競技場に足を運び、光や音、芝や土のにおい、選手の動きの美しさを音楽や芸術のように鑑賞してみてほしい。

 アナウンサーの絶叫や偏った解説が聞こえなくなるだけでも印象は驚くほど変わるはずだ。

 おっしゃるとおりです。静かなマラソン中継を再びとりもどしたいものです。

【新聞を読んで ページトップへ】


「見る技術」の不在 寂しい

 2007年に上の文を書いてから5年たって、スポーツ中継はますますひどくなっている。
 マラソンなど(と、いつも我田引水だけど)レース後半にペースメーカーが消え駆け引きが始まるまでは、 選手やチームの紹介、コースの説明、白バイに提供自動車の紹介でパンパンに詰め込んでおかないと、 視聴者がチャンネルを変えると思っているようだ。

 野球の観戦も同じ有様のようだ。

日経新聞2012年1月25日 チェンジアップ 「見る技術」の不在 寂しい
豊田 泰光 (野球評論家)

 遊びでアメリカに行ったときに、やはり野球がみたい、となって球阻吻を訪れると、ラジオの中継ブースに席をとってくれた。 実況を聴きながら思ったのは案外しゃべらないんだな、ということ。

 アナウンサーは「第一球ストライク」とか「レフトヘシシグル(単打)」とか、起こった事を淡々と伝えるだけ。 その淡泊さが格調高く、終盤のクライマックスヘの期待を静かにかきたてていた。

 多くを語らずとも、何万のファンの期待や興奮が混じるざわめきが極上のノイズとなって、ラジオから流れているはずだった。アナウンサーは それを熟知し、空白の時間を作っていたのだろう。

 よく日本は「間(ま)の文化である」といわれる。 しかし、野球に関してはアメリカの方がよほど間を理解しているのではないか。 グラウンドの息がた、とでもいおうか

 日本の中継は「しゃべってなんぼ」の感じだし、そもそも球場に静寂の瞬間がない。 鳴り物応援がなかったころはまだ、投手がふりかぶったときに、みんなが黙って胸をときめかせていた。 スタンドとグラウンドの息が合っていた、とでもいおうか。 その文化は日本では廃れたが、アメリカには残っている。

 レンジャーズのユニホームを着たダルビッシュ有がマウンドに立ち、モーションを起す。 一瞬の静寂から、投打の火花散る瞬間へ。 緩から急、心地よいリズムを刻み、試合は進む。 そうした映像が今季、日本にさらに流入し、彼我の野球の味わい方の違いが鮮明になるだろう。

 メジャーの衛星中継では日本でカットされそうな部分が映る。 たとえばスリーアウト・チェンジとなったときの打者走者の表情。 一塁を駆け抜けた打者を10b、15bとカメラは追い、天をあおぎ、肩を落とす様子を捉える。 日本では「ハイ、CM」となりがちだが、そこにしみ出る人間の味こそ賞味すべき部分だ。

 ダルビツシュがメジャー行きの動機として「ライバル不在」を挙げたようだ。 それも寂しいことだが、本当に寂しいのは野球を見る技術が廃れた、という事実が明かされることかもしれない。

 ミネルバのふくろうは黄昏に飛翔する、とは有名な言葉だが、哀惜の念に満ちた言葉は美しい。

 駅伝やマラソン中継、コース紹介の間で、先頭が入れ替わったり、ペースアップがあっても、 もはや編集ミスを恥じる色も無い。

【新聞を読んで ページトップへ】


人類の限界は「100b9秒48」

 マラソンの限界は、一時は2時間6分と言われたことがあります。キロ3分ペースが限界だろうというのがその根拠でした。
 しかし、今や世界最高記録は2時間3分59秒。

 天井知らずの伸びですが、限界はどのあたりにあるのでしょうか。

朝日新聞2008年12月04日 人類の限界は「100b9秒48」
記録の統計から米研究者が推測

【ワシントン=勝田敏彦】人類は究極的に100bを何秒で走れるのか? マラソン好きの米国の海洋生物学者が、1920年代以降の陸上競帷について世界記録の推移を調べ 統計学的なモデルに当てはめたところ、男子100fの限界は9秒48だった。

 スタンフォード大のマーク・デニー教授が、米国の実験生物学専門誌に論文を発表した。 記録が同じペースで伸びると考える統計モデルよりも、いずれは頭打ちになるモデルが実態によく合ってζると考えられ、 後者のモデルを使って推定した。

 男子は100bからマラソンまで、現時点で最速に達している競技はなく、100bの最速は9秒48と推定。 現在の世界記録は北京五輸でウサイン・ボルト(ジャマイカ)が自身の記録を0秒03更新した9秒69で、 まだ0秒21の余地がある。マラソンはベルリン・マラソンでハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が出した 2時間3分59秒が世界記録だが、最速は2時間O分47秒と推定した。

 限界まで、あと3分10秒ほどです。これからまだ少しは、新記録達成が楽しめることでしょう。

【新聞を読んで ページトップへ】


 2009年8月16日ベルリン世界陸上男子100b。ウサイン・ボルトは自己の記録を0秒11縮めた9秒58でトラックを走りぬけた。
 100bの限界、9秒48まであと0秒10。マージンは一気に、半分以下に縮んだ。


2010年ロンドン・マラソン三題

 2010年のロンドン・マラソンは、4月25日に開催された。
 男子は、ツェガエ・ケベデ(エチオピア)が2時間5分19秒で初優勝。
 女子は、リリア・ショブホワ(ロシア)が2時間22分0秒で初優勝。
 日本人選手では、赤羽有紀子が2時間24分55秒の自己最高で6位に入った。
 そして車いす女子の部では、土田和歌子が初優勝した。土田選手は19日のボストン・マラソンで4連勝を果たしている。

朝日新聞2010年04月26日 赤羽6位ベストの笑顔

 最初の5`を16分30秒強。ハイペースの天海に、優勝候補のミキテンコ(独)や北京五輪金のディタ(ルーマニア)らが脱落。 中間点を1時間10分56秒で通過すると、尾崎や昨年2位のマーラ・ヤマウチ(英)が遅れ、 30`過ぎには昨年夏の世界選手権金メダルの白雪(中国)と小崎が遅れた。 赤羽は33`付近で遅れたが、集団が5人になるまで勝負を挑み続けた。

 早々に脱落した昨夏の世界選手権は、駆け引きを味わえなかった。 「ロンドンには世界のトップが集まる。速いペースを見て、私も一緒に走ってみたいと思った。」

 しかしロンドンマラソンの勝敗は、10日前の出来事でに明暗を分けられていた。
 4月14日のアイスランド南部の火山噴火のため、ヨーロッパの航空便は空港閉鎖、欠航と大きく混乱した。

朝日新聞2010年04月26日夕刊 火山噴火 成績に明暗
有力選手、長旅で危険・惨敗・・・

 人生は角途中棄権の憂き目にあったのは、北京五輪覇者のサムエル・ワンジル(ケニア)。 大会本部が11万ポンドかけて用意したジェット機でナイロビからロンドン入りしたが、途中でアフリカ各国を回る行程で、 3日のうちホテル泊は1回だけ。(略)

 「言い訳するのは嫌だが、長旅に多くのものを奪われた」とぼやいたのはマーラ・ヤマウチ(英)。 早めに渡英して備えようと、15日に合宿地の米国を出発したのが運の尽き。 空の混乱時期と重なり、リスボンからフランスまで、レンタカー、タクシーを含む6日間の移動を強いられた。(略)

 一方、車いすの部で初優勝した土田和歌子(サノフィ・アベンティス)はさいなんを逃れて、快挙を成し遂げた。

 19日のボストン・マラソンで4連覇を果たした後、21日まで米国に滞在。混乱が収束に向ってから、すんなり渡英でき 「ボストンの疲れから、ちゃんと回復できた」。

 ロンドンマラソンでマラソンシーズンは終わったわけですが、早々に総括が出ています。

朝日新聞2010年04月27日 マラソン日本勢課題だらけ

 25日のロンドン・マラソンで張るのメジャーレースが終了した。今年は日本からも一線級の選手が挑戦。 国内のレースが五輪、世界選手権の選考にならない4年に1度の好機にステップアップを図ったが、課題ばかりが鮮明になった。

 (略)中村友梨香(天満屋)は19日のボストンで7位。今回も練習で追い込めず、不発に終わった。(略)

 25日のロンドンでは尾崎好美(第一生命)が13位に終わり、高橋尚子、野口みずきに続くエースになりきれなかった。(略)

 6位の赤羽有紀子(ホクレン)の夫、周平コーチは浮かない表情だった。 「最低限の練習では世界のトップ3に届かないことが分かった」。(略)

 9位の小崎まり(ノーリツ)は34歳のベテランらしく、競技全体の発展に思いを巡らせた。 「私が遅れた時、『赤羽ちゃん、お願いだから入賞して』と思った。 ある程度の結果を残さないと、今の選手たちが『マラソンをやっても通用しない』と思うようになる。 そうなると男子みたいに『しんどい思いをしてマラソンをしたくない』という選手が」増えてしまう。

 昨夏、尾崎の活躍で復調の兆しが見られた日本女子マラソン界が、再び正念場を迎えている。(増田創至)

 うーん、男子は既に、しんどいマラソンから逃げていたのか!

【新聞を読んで ページトップへ】


2011年01月30日 赤羽有紀子が初優勝 大阪国際女子マラソン

 第30回記念大阪女子マラソンで、赤羽有紀子が2時間26分29秒で初優勝しました。次は記録を目指すと語っています。
 期待しています。


2012年ロンドンオリンピック・女子マラソンが終わって

 2012年のロンドンオリンピックの女子マラソンが、終わりました。
 日本人選手の結果は、散々でした。

日経新聞電子版2012/8/5 22:36 女子マラソン、日本勢完敗 木崎の16位が最高

 女子マラソンは5日、バッキンガム宮殿前の大通りを発着点にロンドン市内を3周するコースで行い、 日本勢は木崎良子(ダイハツ)が2時間27分16秒で16位になったのが最高で、2大会続けてメダルと入賞を逃した。 24歳のゲラナ(エチオピア)が2時間23分7秒の五輪新記録で優勝した。

 2009年世界選手権2位の尾崎好美(第一生命)は2時間27分43秒の19位、 重友梨佐(天満屋)は2時間40分6秒の79位に沈んだ。

 前半は尾崎、重友が先頭集団を引っ張る場面もあったが、日本勢は全員が中間点すぎまでに後退した。 2位はジェプトゥー(ケニア)、3位はペトロワアルヒポワ(ロシア)だった。〔共同〕

 終わって早々に、有森裕子が解説者として、辛口のコメントを出しました。
 もっともと思うことが多いので、長文ですがここに掲げます。

日経新聞電子版2012/8/6 7:01 解説者の目(有森裕子)
女子マラソン、完敗で浮かび上がる構造問題

 日本勢は状態が悪そうには見えなかったので、もうちょっと上にいけると思っていた。 実をいうと、10位には入るだろうと予想していた。 それだけに、木崎良子(ダイハツ)の16位が最高という結果は残念。 いきなり厳しい言い方になってしまうが、完全な力不足だった。

■ペースが後半上がると後退

 木崎も、19位に終わった尾崎好美(第一生命)も、前半のレースの進め方は予定通りだったと思う。 先頭集団のペースは5キロを17分20秒ほどだったから、速くない。 そうした中で日本の3人は集団にしっかり入って、15キロでは尾崎が先頭に出るシーンもあった。

 しかし、後半、ペースが上がると、ずるずると後退した。 そこから先頭を追い上げる場面が1度、あったが、それでもう精いっぱいだったのだろう。 24キロでケニア、エチオピア勢が、5キロを16分台前半までペースを上げて、前に出ると、なすすべがなかった。

 そうなる以前にポジションを下げ過ぎてしまったのが問題で、あそこにいたのでは、 前で起こったことに対応しようがない。

■周りに順応する力足りない

 残念ながら、実力者がレースをコントロールしたときに、そのコントロールされた流れに乗っていける力が足りなかった。 周りに順応する力が足りないと言えばいいのかもしれない。

 予想外だったのは激しい雨だけで、アフリカ勢が後半、ペースアップしたことも含めて、すべて想定内だったはず。 それなのに無力だったのを見ると、レースの経験不足なのではという感じもする。 いろいろなパターンのレースを経験して、起こったことに対応する力を養っていく必要があるのかもしれない。

 前半、ケニア勢は明らかに力を温存し、3人そろって後方で待機していた。 そういう状況も正しく読めていたのかどうか。 読めていないから、15キロで前に出てしまったのかもしれない。

■アフリカ勢、思い描いた展開

 後半、ケニア、エチオピア勢の争いになったのは予想通りだった。 彼女たちにとっては、思い描いていたとおりのレース展開だったと思う。 前半はイタリア、米国、中国選手らに引っ張らせて、力をためた。 後半は下りを利用して、すーっと前に出て、がっちり自分たちのペースにしてしまった。

 しかし、そこにロシアのペトロワアルヒポワが割って入ってきたのは意外だったはず。 アフリカ勢にすれば、彼女にかき回されて、計算が狂ったという感じかもしれない。

 私もペトロワアルヒポワがあそこで来るとは思っていなかった。 エースのショブホワが途中棄権したのに、2時間25分台のタイムしか持っていない選手が銅メダルを取ってしまうのだから、驚く。 ロシアの底力を感じた。

■まさか五輪新になるとは…

 優勝したゲラナ(エチオピア)は腕振りが安定していて、ムダのない走りをする。 ちょっとタイプは違うが、1996年アトランタ五輪を制したロバのように、静かに前へすっと行く推進力がある。 先頭で優勝を争っていた中では一番余裕があった。 しかし、まさか五輪新となる2時間23分台が出るとは思っていなかった。

 コースは道幅が狭かったり、カーブが多かったりで、条件は良くない。 しかも前半は激しい雨で体を冷やすことになった。そうした中でゲラナが五輪新を出し、 尾崎や重友より持ちタイムの悪いペトロワアルヒポワが自己ベストで3位に食い込んだ。

 世界のトップ選手の度胸とタフさを見せつけられた。 日本の選手には、そのタフさが足りない。 自己ベストを出している選手がいるのだから、コースの難しさは言い訳にならない。

■もっと海外のレース経験を

 そもそも、コースについては事前にいくらでも情報が手に入った。 レース当日に、「きょうはここでやりましょう」と言われたわけではないのだから、準備はできたはず。

 「石畳は大変」などと言っているようではダメ。 世界の選手はあれが当たり前と思っている。 そう考えると、日本選手はもっと海外のレースに出て行ったほうがいいのかもしれない。 海外のトップ選手にもまれて、何が来ようが平気というふうにしておかないと、こういう舞台では戦えない。

 いまや世界には2時間18分〜19分の選手がごろごろと出てきていて、着実に力を伸ばしている。 このままでは日本はどんどん置いていかれてしまう。 いまこそ、すべてを一から考え直さなくてはいけない。

■実業団チーム、あり方の見直し必要

 私は指導者ではないので、「えらそうなことを言うな」と反発されるかもしれないが、 実業団チームのあり方から根本的に見直したほうがいいような気がする。

 実業団チームは何を目的にしているのか。 世界と戦える選手を育てていくためにある。

 では、どうやって世界に通じる選手を育てていくのか。 どういう部分を伸ばしていったらいいのか。 そういうところから実業団がしっかり考え直さなくてはならないのでは。

■まだ希望ある、絶望的でない

 練習内容について指導者が選手に相談して変えているという話を、ときどき聞くが、 それはちょっとおかしいのではないだろうか。 私の経験では監督に練習内容を相談されたことはない。

 そんなことをしていたら、選手ができることばかり練習することになってしまう。 できないことをできるようにするのが練習なのに。嫌な練習をこなしていかないと、できる範囲は広がらない。

 惨敗した重友梨佐(天満屋)も含めて、3人とも悔しい思いをしている。 そういう思いを抱いているうちは、希望がある。 絶望的ではない。

 時間はかかるかもしれないが、世界を追いかけなければならない。とにかく、やるしかないんですよ。

〔ありもり・ゆうこ 1966年、岡山県生まれ。 日体大からリクルートに進み、小出義雄監督のもとで力を付ける。 92年バルセロナ五輪の女子マラソンで銀、続くアトランタ五輪で銅メダルを獲得。 現在は精力的に慈善活動に携わっている。〕

【新聞を読んで ページトップへ】


名門エスビーの落日

 2012年 ロンドンオリンピックが終わって間もない8月末日、エスビー陸上部廃部が報じられました。
 マラソン・オリンピック代表経験者が綺羅星のように並ぶ名門クラブです。
 しかし近年の成績低迷から、来るものがやって来たと言う気がします。

日経新聞2012年09月01日 エスビー、陸上部を廃部 瀬古ら活躍、経営合理化

 エスビー食晶は31日、経営合理化の一環として陸上競技部を来年3月末に廃部にすると発表した。 同部は1954年に足した名門。80年の瀬古利彦(現スポーツ推進局長)の加入後、黄金期を築いた。

 現在は竹沢健介、ビダン・カロキ(ケニア)ら6選手が所属しており、 6人のスタッフも合わせた12人をまとめて受け入れてくれる移籍先を探るという。

 同部は駅伝よりマラソンなど個人種目を重視。 故中村清監督の指導で瀬古が2度、五輸に出場したほか、新宅永灯至、ダグラス・ワキウリ、佐々木七恵らが活躍した。

 記者会見した瀬古局長は「いまの経営環境を考えると、やむをえないと思う。 寂しいことだが、選手には新しい環境でエスビー魂をもって頑張ってもらいたい」と語った。

 もともとが、早稲田陸上部の社会人部であったのですから、成績が不振となればエスビーは面倒を見切ない、 早稲田が責任をもって受け皿を用意すべきと言うところでしょう。
 瀬古氏の本音は「早稲田魂をもって頑張って」ということでしょう。
 その早稲田の学生達も駅伝を目標にして、マラソンへの転出は少ないようです。

 ロンドンオリンピック男子マラソンも、エスビー選手は出場できず、また、結果は予想されてはいたものの中本の入賞のみと、寂しい結果でした。
 中本は、中間点20位から次第に順位を上げて2時間11分16秒で6位入賞。
 山本は2時間18分34秒で40位。
 藤原は2時間19分11秒で45位でした。


 2013年01月18日、エスビー食品陸上部の受け入れ先がDeNAに決まりました。
 瀬古は総監督。
 目標は「2016年全日本実業団駅伝(通称ニューイヤー駅伝)での優勝」だそうです。

【新聞を読んで ページトップへ】


東京マラソン、メジャー入り

 2013年の東京マラソンが、「ワールドマラソンメジャーズ」に加盟したと、報じられています。

日経新聞2012年11月23日 東京マラソン、メジャー入り

 毎年2月に行われる東京マラソンが、ボストンやロンドンなど世界五大マラソンで構成する「ワールドマラソンメジャーズ(WMM)」に加盟した。 欧米以外では初の仲間入り。列島が空前のマラソンブームに沸くなか、世界のランナーが憧れる大会への脱皮が始まっている。

 副題が「経済効果で思惑一致」とあるのは、身も蓋も無い、日経新聞らしい見出しです。
 それでも東京マラソンの評価が高まりブームが定着するなら喜ばしいことです。

 ちなみに東京を加えた世界六大市民マラソンはつぎのとおりです。
 伝統あるパリマラソンやロッテルダムマラソンは含まれていませんが、まあWMM加盟マラソンという意味です。

開催 大会 開始(年) 観衆(万人) 経済効果(百万ドル)
2月 東京 2007 172 300
4月 ボストン 1897 50 132
4月 ロンドン 1981 100 180
9月 ベルリン 1974 100 不明
10月 シカゴ 1977 150 219
11月 ニューヨー
クシティ
1970 200 340

 新聞によれば、WMMに加わることで次のような効果があるようです。

 世界的にはマイナーな「トウキョウ」。その変貌を後押しするのがWMMだ。 115年の歴史があるボストン、60億円以上の寄附が集まるロンドンなどと同じ”サロン”に加わることで「普通の『いい大会』だった東京は世界トップの大会になる」(WMM事務局長のグレン・ラティマー氏)。
 トップ選手の出場は年間1〜2レースで大会間の争奪戦は激しい。 彼らが優先的に選ぶのがWMMのレースだ。 東京マラソン財団の早野忠昭事業局長は「選手からのオファーが増えた」とメジャー入りの効果をかみしめる。
 トップ層の充実で、海外への情報発信にも拍車がかかる。 今年2月の大会はアフリカや欧米など17ヵ国で生中継されたが、放送権料は無料。 それが最近、財団に「海外放送の権利を一括して購入したい」との申し出が来るようになった。
 露出度のアップは新たな協賛会社獲得の呼び水になる。 例えば冠スポンサー。 ベルリンはBMW、ロンドンはヴァージン・グループといった巨大企業が名を連ねるが、東京は空席。 スポンサー収入がさらに増えれば、賞金増額など大会の魅力拡充にもつながる。

 ちなみに東京マラソン応募者の数の推移は次のとおりでした。
 意地悪く見れば、応募者がそろそろ頭打ちなので、新たな客寄せを狙っているのかも知れません。

開催年 応募総数(マラソン) 出走者数(マラソン)
2012 282,824人 34,678人
2011 294,496人 33,353人
2010 272,134人 32,080人
2009 226,378人 30,164人
2008 130,062人 26,665人
2007 77,521人 25,102人

 ただ心配なのは、我々ランナーから遠い存在になっていくことです。

「出場がさらに難しくなる」と嘆く市民ランナーをまず納得させなければならないだろう。

【新聞を読んで ページトップへ】


都道府県対抗男子駅伝を見ていて

 2013年都道府県対抗男子駅伝は兵庫県が6区で1分15秒と大リードしていながら、アンカーが不調で5秒差の辛勝でした。
 兵庫県の中・高生が頑張る姿がずっと画面に出ており、最後ははらはらドキドキを楽しませてもらいました。

 駅伝が終り、アナウンサーが解説者の宗茂旭化成陸上部顧問に勝因を聞いたのですが、
宗「良かったのは4区だけ」と、ずばっと答えます。

 宗の解説ははっきりしています。
 今日も兵庫7区を走った北村を早々に「筋肉に張りが無い」「しまりがない」と評価。 北村の結果は区間25位の走りで、1分15秒の貯金のおかげで辛くも1位が守れました。
 この割り切った評価の為か「宗は冷たい」「強い選手しか興味が無い」とよく言われます。

 しかし「良かったのは4区だけ」の評価は少し違う気がします。
 1区1位の中谷、2区ラストですごいスパートを見せ1位を守った池谷、2位になりながら差を押えた3区藤井・・・
 皆それぞれ頑張っていたのですが、宗にとって見れば2位に落とした選手も含めて、それは力どおり、計算どおりのことだったのでしょう。 だから当然の結果。
「良かった」のは自己記録以上の走りを見せて区間新をとった秋山だけ、だったわけです。 2位に落ちれば強豪と互角の立場で争わねばならないチームを、秋山が1位に戻すことで優位を取り返したことこそ、宗は評価したのでしょう。
 勝因は4区の頑張りだったわけです。

 陸上競技の勝敗は全て個人の能力次第。強いのは勝者だけです。
 自分の力以上を発揮しなければ、事前の勝敗予測をひっくり返すことは出来ません。
 そのためには並大抵の努力ではなし得ません。
 予想をひっくり返すような結果を出した者を評価してやることが、その隠れた努力を評価し、人を成長させることにつながります。
 なあなあの評価をしてもチーム力は伸びません。陸上競技はそういうものです。

 この頃、絆、絆と良く聞きます。
 しかし駅伝は"One for all.All for one."であるべきものです。
 絆を結んだ人に寄りかかるための絆でなければいいのですが。


ボストンマラソンで爆発!テロか

 ウンザリするようなニュースが入ってきました。

日経ニュースメール 4/16 昼版
◆ボストンの爆発、米高官「明らかなテロ」 主要都市厳戒

 【ニューヨーク=原真子】米東部マサチューセッツ州ボストンで開かれたボストン・マラソンのゴール付近で 15日午後2時50分(日本時間16日午前3時50分)ごろ、2回の大きな爆発が起きた。 ボストンの警察当局は8歳の男の子を含む3人の死亡を確認。 米メディアによると、130人を超える負傷者が出ている。 米政府高官は「複数の爆発物による明らかなテロ行為」と言明。 ニューヨークなど主要都市で警戒態勢を強化した。

 マラソンは個人の自己への挑戦です。
 いかにオリンピックの場であっても、チームからも国からも組織的な応援からも切り離されて走り抜く42.195kmは、個人の挑戦でしかありえません。
 ましてや、スタートから4時間も過ぎたゴール付近は、勝敗とは関係ない純粋な完走の喜びの場です。

 その場を狙う爆弾テロには、何の目標も見えません。
 ただランナーと市民を人質にとって、自己の主張、自己の溜飲を下げるためにだけ、殺戮を行ったのです。
 その結果は、残されたわずかな開放的な市民スポーツの祭典を、息苦しい警備で包囲してしまうだけです。

 3人の犠牲者と多数の負傷者へは哀悼の念を禁じえません。
 それに加えて、失われるのは自由で開放的な自己発現の場であることは、確実です。

【新聞を読んで ページトップへ】


神戸マラソンにボランティア枠導入

 ウンザリするようなニュースがまたひとつ。

 22日から参加申込が始まる神戸マラソンでは、組織的な団体ボランティア20人に対して、マラソン出場枠が1つ提供されるそうです。
 唖然とするような発表です。
 東京マラソンは10万円献金で出場枠が買えることとなって、顰蹙を買いました。

 神戸は人足を集めると出場確約、となったわけです。
 20回ボランティアすると1回出場可、のほうがずっとましです。現実性があるかどうか、分かりませんけれど。
 マラソンも個人競技なら、ボランティアも個人の献身です。
 団体ボランティア枠が認められると、その団体内で出場枠が売買されかねません、いやきっとそうなるでしょう。
 それとも組織の功労者への提供という、胡散臭い胡麻すりでしょうか?
 出場枠提供のための有償ボランティアグループが横行するかもしれません。

 独立不羈の市民ランナーとしては、このような制度は軽蔑し無視してやりましょう。


 今日は神戸マラソンの抽選発表です。
 心配しながら家に帰ってメールチェックしました。
 ・・・・・
 独立不羈の市民ランナーとして、今年も神戸マラソンを走れることになりました。


横浜国際女子マラソン最後の開催

 晴天の霹靂でした。今年の大会当日の報道で知りました。
 ニュースが出ていたのですが、それもやっと1か月前だったようです。

朝日新聞デジタル 2014年11月16日16時37分
田中智美が初優勝 横浜国際女子マラソン、最後の開催

 第6回横浜国際女子マラソン(日本陸上競技連盟、朝日新聞社、テレビ朝日主催)は16日、横浜市山下公園発着のコースで行われ、 マラソン2回目の田中智美(26)=第一生命=がゴール直前の接戦を制し、2時間26分57秒で初優勝を決めた。 フィレス・オンゴリ(28)=ケニア=は2秒差の2位。 マラソン初挑戦で19歳の岩出玲亜(いわでれいあ、ノーリツ)が、2時間27分21秒で3位に入った。

 横浜国際女子マラソンは今回が最後の開催。 1979年に始まった前身の東京国際女子マラソンと合わせて通算36回で幕を閉じた。

 主催を降りる朝日新聞の報道は、あっさりしたものです。
 朝日新聞・テレビ朝日が財政難を理由に主催を降りたようです。
 日本陸連はさいたま市で開催を打診中という。

 朝日が主催を降りた理由はいろいろ考えられます。
 夏以来の、朝日新聞報道コンプライアンスに対する非難で、朝日新聞が嫌われ販売を減らしていると思われること。
 それ以前から、スマホなどの普及で新聞購買数が激減しているだろうこと。

 しかし私は東京国際女子マラソン以来の大会の、日本の女子マラソンに対するリーダーシップが失われていることを朝日新聞が悟っており、 手を引く好機と考えたからではないかと考えます。
 今回の招待選手の一番手は、ロンドン五輪女子マラソン金メダリスト、エチオピアのティキ・ゲラナでした。
 しかし彼女は、解説者の言によれば「ふっくらと」見るからに走れる体型ではなく、結果も良いものではありませんでした。 彼女にとっては今回は乞われて参加する招待試合、覇を争うレースではありませんでした。
 スピードマラソンの傾向のなかで、マラソン大会の序列化がすすんで、国内大会はそれから弾き出されてしまっています。

 視聴率が得られても新聞販売にも結び付かず、世界の動向からも離れた大会は見切り時であったように思います。

【新聞を読んで ページトップへ】


小林祐梨子が引退

 話題に上らなくなって、もうずいぶん経ちました。
 一時は、日本の女子陸上界を引っ張る選手と期待された小林選手が、不調のまま引退するようです。

神戸新聞 2015年01月20日
陸上女子 北京五輪代表 小林祐梨子が今季限り引退

 陸上の北京五輪女子1500bの日本記録保持者、小林祐梨子(26)=豊田自動織機、須磨学園高出=がこの機限りで引退することが19日、分かった。 度重なる故障などを理由に決断した。 今後は各地のマラソン大会のゲストランナーや公園活動などに取り組むという。

 須磨学園時代ははつらつとしていて、どこまでも登るような勢いでした。
 2006年に1500m4分07秒86の日本記録を樹立、2008年に5000m15分05秒37、日本歴代3位。
 この頃を最後に、座骨神経痛のため不振が続きます。

 もちろん体調が一番の原因でしょうが、大学生活と実業団の両立に悩んでいた様子が記憶に残っています。
 大人の都合が優先されたような気がしてなりません。

 小野市立旭丘中時代から中距離種目で活躍した。 須磨学園高でも全国高校総体や日本選手権で優勝し、2006年に1500bで4分07秒86の日本記録を樹立。 同年の全国高校駅伝では2区区間賞で優勝に貢献した。

 卒業後は日本代表として08年北京五輪、09年世界選手権などに出場した。 出身地の小野市代表として兵庫県郡市区対抗駅伝(2月1日・加古川河川敷)に出場する予定。(橋本 薫)

 小野市旭丘中学と言えば、今の職場の地元です。なんとなく身近に感じられます。
 何にしろ、今後の活躍を祈念します。


 2015年12月06日、引退した小林が、小野ハーフマラソンに参加しました。

【小野ハーフマラソン 2015へ】
【新聞を読んで ページトップへ】


桐生祥秀、100m9秒87

 とうとう日本人が100m10秒を切りました。
 期待の桐生祥秀選手が、追い風参考ながら9秒87。

朝日新聞デジタル 2015年3月29日19時22分
桐生祥秀、追い風参考記録で9秒87 陸上男子100m

 陸上の男子100メートルで、京都・洛南高出身の桐生祥秀(きりゅうよしひで、19)=東洋大=が28日、 米テキサス州オースティンで行われた記録会「テキサス・リレー」で、追い風(3・3メートル)の参考記録ながら 9秒87をマークした。参考記録を含め、電気計時で日本選手が9秒台で100メートルを走ったのは初めて。 国際陸上競技連盟によると、アジアでも史上最速となる。

【新聞を読んで ページトップへ】


伊藤舞が7位入賞、リオデジャネイロ五輪代表に内定

 陸上世界選手権の最終日、女子マラソンで伊藤舞が日本人最高で入賞してお約束のオリンピック代表に内定しました。
 中盤、ロンドンオリンピック代表の重友梨佐がレースをリードし、復活を印象付けました。 そのためか最後のスパートに置いて行かれましたが、次回は頑張って欲しい選手です。

 優勝したのはエチオピアのマレ・ディババ。
 キプラガト等ケニアの3選手とケニア出身でバーレーン籍で出走したキルワをゴール前のスパートで制してのフィニッシュだった。


史上最大のランニングブームもいよいよ終わりでしょうか

 2007年、本格都市型市民マラソンの東京マラソン開催が盛大な薪の山となって燃え上がり、そのあとずっと続いてきたランニングブームですが、先発アメリカでピークを越したのかもしれません。

日経新聞2016年06月14日 米ランニングブーム陰り
マラソン大会完走2年連続減
若者が競争を敬遠?

【ワシントン=芦塚智子】米国のランニングブームに陰りが出ている。 民間団体「ランニングUSA」によると、1990年代から増えていたマラソン大会などの完走者は2014、15年と2年連続で減少し、特に15年は延べ約1711万人と前年より9%落ち込んだ。 18〜34歳の「レース離れ」が主な原因とみられる。

 マラソン大会などの完走者は13年の約1900万人をピークに減少。 18〜34歳のランナーが全体に占める割合は14年の35%から33%に低下した。

 ランニングUSAのハーシュバーガー最高経営責任者(CEO)は「若者を中心にグループで楽しむ屋内でのフィットネスの人気が高まっていることや、大会参加費の高騰が一因だ」と見る。

 競争するより運動を楽しみたいという意識の変化も背景にありそうだ。 ランナーのインターネット掲示板には「我々20代の中には、苦行を強いる競争を軽蔑する人もいる。楽に健康のためになる運動を好む」といったミレニアル世代の投稿が目立つ。

 一方で旅先で観光を兼ねて走るマラソン大会などは依然、人気が高い。 ハッシュバーガー氏は「若者は常に新しいものを求める。大会主催者は新しい発想や工夫が必要だ」と指摘する。

 日本ではこれまで1980年代、90年代、そして2004年頃からの長期ブームと、3度のマラソンブームがありました。 今のブームは走る人が多いだけでなく、トレイルランを好む人が増えたり、ランナーが練習に田園コースに進出してきているように、生活にランが定着してきているように思います。
それでもやっぱり、ブームの終わりが来るのでしょうか。

【新聞を読んで ページトップへ】


2016年リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックが終わりました

 2012年のロンドンオリンピックは、はっきり言ってチーム日本は惨敗。
 2016年のリオデジャネイロオリンピックは反転攻勢をはるかに超えた、上出来の結果でした。

 金メダル12個は参加国中6位、金に加えて、銀8個、銅21個、合計41個のメダルの数は文句なく日本史上1位となります。

 陸上でも、山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥で臨んだ4×100mリレーはアメリカを破って、ジャマイカに次ぐ2位という華々しい結果が得られました。

 しかし、マラソンは男女とも入賞圏外でした。
 女子は14位福士加代子の2時間29分53秒、男子は16位佐々木悟の2時間13分57秒が日本人ベストでした。
 2時間を超えるレースなので、途中の展開が重要であるのはわかりますが、少なくとも世界のトップを争うレベルにいないことは明白です。
 これまで議論が百出しましたが、今後、才能のある選手が目指す魅力がエリートマラソンにあるのか、それに尽きるような気がします。

 オリンピックに続いて開催されたパラリンピックは、あくまでアマチュアとして出場した日本に対して、ハンディを克服してエリートを目指す選手が競技を続けられるような国が出現していると感じました。
 それが良いのか、どうか、私はわからない、というのが本音のところです。


国内初の9秒台

 日本人初の100m9秒台は、2年前にアメリカで桐生祥秀選手が記録した9秒87(追い風参考)です。
 その後、山縣亮太(10秒03)飯塚翔太(10秒08)やケンブリッジ飛鳥(10秒10/9秒98(追い風参考))といった選手も日本記録10秒00切りに迫っています。
 そのような中、関学大生の多田修平が、国内大会で9秒94(追い風参考)を記録しました。

日経新聞 2017年6月11日
伏兵・多田9秒94 学生陸上100メートル、追い風参考

 陸上の日本学生個人選手権第2日は10日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚などで行われ、男子100メートル準決勝で多田修平(関学大)が追い風4.5メートルの参考記録で 9秒94をマークした。追い風は2.0メートルを超えると記録は公認されない。追い風1.9メートルの決勝は日本歴代7位に並ぶ10秒08で優勝。 8月の世界選手権(ロンドン)の参加標準記録を突破した。

 (略)

 日本記録は伊東浩司が1998年に樹立した10秒00。

【新聞を読んで ページトップへ】



ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、equさんのページへ戻る