新聞を読んで 弔辞

equさんのページ



1993年2月25日 安房直子 死去
  【『花豆の煮えるまで』へ】




1999年7月7日 光瀬龍 死去
  【『ロン先生の虫眼鏡』へ】




2001年12月22日 ジャック・マイヨール 死去
  【『ジャック・マイヨール』へ】




2004年7月20日 アントニオ・ガデス 死去
  【『アントニオ・ガデスを悼む』へ】




2004年12月26日 石垣りん 死去
  【『石垣りん詩集』へ】




2005年7月22日 杉浦日向子 死去
  【杉浦日向子訃報へ】

【『百日紅』へ】




朝日新聞2009年11月4日夕刊 『レビストロース氏死去』

 20世紀を代表する思想家で「構造主義の父」とされるフランスの文化人類学者、 クロード・レビストロースさんが死去したと仏メディアが3日伝えた。
 100歳。著書「悲しき熱帯は」人文科学全体に大きな影響を与えた。

 仏ラジオによると、レビストロース氏は10月30日、仏中部リネロルの居宅で亡くなった。 すでに葬儀も営まれた。
 同氏は今月28日に101歳の誕生日を迎えるはずだった。

 あれ、まだご存命だったの。という感じ。
 それほど歴史的、画期的な思想家だった。
 というよりも、クロード・レヴィ=ストロースの名は大学時代に聞いた時点で、すでに教科書の中のものだった。

 多くの人がコメントしていたが、なぜ米山俊直のコメントが無いの?
 そう思ってよく考えたら、米山は2006年先に亡くなっていました。


【ページトップへ】




朝日新聞2010年1月29日夕刊 『サリンジャー氏死去』

 世界的なベストセラー「ライ麦畑でつかまえて」(1951年)などで知られる米国を代表する作家、J.D.サリンジャーさんが27日、 米東部ニューハンプシャー州の自宅で、老衰のため死去した。91歳だった。AP通信が家族の話として伝えた。

 サリンジャーはユダヤ系、ニューヨーク、マンハッタンで暮らしていたことは「ライ麦畑でつかまえて」で読み取れた。
 知らなかったことは、1942年志願して、欧州戦線、激戦のノルマンディー上陸作戦に従軍したこと。
 その後、8月、パリの解放後新聞特派員としてパリを訪れたヘミングウェイを訪問し、ヘミングウェイに作品を賞賛されるが、 サリンジャーは、タフなヘミングウェイにも軍隊生活にもついて行けず、戦後神経衰弱で入院というのもうなずける。

 サリンジャーは、私も大学時代にはまりました。当時は、それが学生に対する要求水準だったことも確かですが(^^)
 グラシアン・サーガで、彼らの人生に寄り添おうと読んでいたものです。でも、情報量が少なかった。
 それもそのはず、51年「ライ麦畑でつかまえて」53年「ナイン・ストーリーズ」61年「フラニーとズーイー」 そして65年「ハプワーズ16、一九二四」を最後に執筆をやめ、ニューハンプシャーで田舎暮らしを続けていたようです。亡くなられたのは1月27日。

生きる価値語った

 作家小川洋子さんの話
「ライ麦畑でつかまえて」は高校生のときから3回読んだ。主人公の少年の深い悲しみは大人になって読み返し、より共有できたように思う。 それは若い世代の大人への反抗や対立から生まれる断絶ではなく、人が産声とともに背負わされる孤独が語られているから、 大人も子どもも関係なく抱える根源的な孤独が、頭でっかちではなく生活の場面で具体的に描かれ、長く読みつがれてきたのだろう。 救いようのないものを抱えているから人生は生きる価値があるということをサリンジャーは語ったのではないか。

【『キャッチャー・イン・ザ・ライ』へ】

【ページトップへ】




2010年4月9日 井上ひさし 死去

 小説「吉里吉里人」やNHKの連続人形劇「ひょっこりひょうたん島」の台本のほか、 戯曲やエッセーなど多彩な分野で活躍した作家の井上ひさし(いのうえ・ひさし、本名・廈)さんが9日夜、死去した。 75歳だった。【産経新聞web版】

 私も「ひょっこりひょうたん島」世代だから、心の支えがまた1本無くなったような気がします。
 ところで、本名が廈(ひさし)という難しい字とは知りませんでした。おおきな家という意味だそうです。

【ページトップへ】




2012年1月24日 テオ・アンゲロプロス 死去

 池上夏樹が現代ギリシャ語に精通しているとは知らなかった。

 ギリシャの人口はわずかに1千百万人余。 古典としてのギリシャ文学は有名だが、現代ギリシャ語を習得した日本人が少ないことは容易に想像される。
 それでも池上が現代ギリシャ語を習得しただけではなく、アンゲロプロスの映画の字幕を12本も書いたことには驚かされた。

 言語形態が全く異なるヨーロッパの言葉を、簡潔かつ表現豊かな日本語になおして字幕に入れることは、 翻訳だけではなく創作の分野に踏み込むものであるとは良く聞く。

 テオ・アンゲロプロスの作品は、ロングカットの映像の間に彫琢された短い台詞がぽつんと投げ込まれている。
 それが映画を印象深く忘れがたいものとしている。

 忘れられない台詞がいくつもある。「旅芸人の記録」の中で、 旅回りの一座の座長アガムメノンがナチの銃殺隊の前に引き出される。

 「私はイオニアの海から来た。君たちは?」。

 そう問うたところで撃たれて倒れる。

 人は人に出会った時、自分の出自を述べ相手の出自を聞くところからつきあいを始める。 イオニアから難民としてやってきたアガメムノンは敵の兵士をも人間として遇しようとした。 だが返ってきたのは言葉ではなく銃弾だった。

【2012年1月30日 日経新聞「アンゲロプロス監督を悼む」池上夏樹】

 アンゲロプロス監督は、24日アテネ近郊で新作映画の撮影中、道路を渡ろうとしてバイクにはねられ、搬送先の病院で死去した。
 享年76歳。

【ページトップへ】




2012年6月5日 レイ・ブラッドベリ 死去

 レイ・ブラッドベリが亡くなったそうです。
 新聞紙上では死亡記事に気がつかず、10日余たって書評欄を読んでいて知りました。

日経新聞2012年6月17日 『ブラッドベリ、自作を語る』
レイ・ブラッドベリ、 サム・ウェラー著 ―杜会と人生をめぐる深い考察―

 5日に世を去った米国のSF・ファンタジー作家のインタビュー集。 10年以上にわたるジャーナリストとの対話を通じて作家が語った言葉は、自作の解説にとどまらず、 科学技術、政治、杜会、そして人生をめぐる深い考察になっており、興味は尽きない。

 『華氏451度』などSF小説の金字塔を打ち立てた巨匠の創作の裏話に、まずファンの関心は向くだろう。 「夜・コオロギ・熱気球」といった名詞のリストを作り、物語を練る発想法。 毎日きっかり2時間執筆する勤勉さ。それが多作で比類なく独創的な作家を作り上げた。

 多彩な交友について語ったくだりも読みどころだ。 俳優のジーン・ケリーや映画監督のフェデリコ・フェリー二らとの親交の逸話も楽しいが、 様々な文化人に対する人物評は時として手厳しい。 作家のノーマン・メイラー、映画監督のスタンリー・キューブリックらをこき下ろす辛辣な言葉からも、 作家の芸術観と人問観が見えて面白い。

 世界的な名声を得たが、子供時代に親しい人を亡くし、妻にも先立たれた。 だが91歳まで生きた作家は常に人生に対して前向きだった。 「僕は生きるための三原則を持ってる。まず自分の仕事をする。 うまくいかなかったら、黙ってジンを飲む。 何をやってもだめなら、めちゃくちゃに走る」。 どこまでも人問くさい姿に胸を打たれる。小川高義訳。(晶文杜・1900円)

【ページトップへ】




2012年10月13日 丸谷才一 死去

 丸谷才一がなくなりました。
 丸谷の本は難しいので、なかなかコメントできないのですが、とにかくファンでした。残念です。

 学生の頃、丸谷の本を手にとって見たら、独特の文語体で書かれているため、国粋主義的な作家に違いないと頭から決めてかかりました。
 しかし実際に読んでみると、その伸びやかで瑞々しい感性に驚かされました。
 独特の文体も、古典教養に深く根ざすものであることがわかりました。
 どこが好きなのか一言では説明できないままで、人に薦めることも出来ませんでしたが、もう一度読み直してみましょう。

  日経新聞2012年10月14日 『丸谷才一氏 死去 87歳
伝統と前衛精神を見事に融合』

評伝

 もし丸谷才一がいなかったら、1970年代以降の日本文学は、もっと殺風景で平板なものになっていたに違いない。

 翻訳も手掛けたジェイムズ・ジョイス、グレアム・グリーンら欧米文学についての専門的な知識と、 源氏物語、古今和歌集以来の古典文学への深い造詣をともに備えた教養は、戦後の小説の実作者の中でも、群を抜いていた。 その意味で、丸谷氏は、森鴎外や石川淳といった教養派の文豪の正統的な後継者といってよかった。

 しかし、丸谷氏の独自性は、教養派の一言には収まらない。 何より、趣向や仕掛けを凝らしたその小説は、常に既成の文壇を挑発し、読者に読む楽しみを提供し続けた。 普通の市民を主人公に据えながら、その俗物ぶりを際立たせることで、暗くてじめじめとした日本の私小説や家庭小説を、優雅に笑いのめした。 自我にこだわった生真面目な近代日本文学に反逆を唱えたのである。 代表作「たった一人の反乱」の書名は、戦後の日本文学に対する丸谷氏の立ち位置を象徴的に示している。

 伝統と前衛精神を見事に結びつけた丸谷氏は、60年代以降の古典を軽視する風潮に対して、ことのほかきびしかった。 日本語と日本語の文章について、啓蒙的な評論を数多く書いているのもその表れだ。 「文学で大切なのは個人の才能とか時代精神とかではなく、むしろ伝統である」(「日本文学史早わかり」文庫あとがき) というその言葉には、村上春樹氏をはじめ多くの才能を見いだした文学界のリーダーの願いが込められている。 (編集委員 宮川匡司)

【『裏声で歌へ君が代』へ】

【ページトップへ】




2013年4月8日 マーガレット・サッチャー 死去

 「鉄の女」がとうとう亡くなりました。

 最近のヨーロッパ事情は、彼女にとってはもう守備範囲外だったことでしょう。
 それでも彼女の治世下は1つの時代であったを言えます。

 1979年から1990年の在任期間11年間、様々な事件を孕みながら駆け抜けていきました。
 当時に比べてずっとヨーロッパ寄りになったイギリスには、以前のような強力なリーダーシップが必要なように見えます。

  日経新聞2013年4月10日 春秋(一面コラム)

 ロンドンのトラファルガー広揚にはいつも今風の若者がたむろしている。 1983年6月、刈り上げた髪を緑色に染め、革のジャケットのあちこちに安全ピンをぶら下げた10代の少年が、こううそぶいたという。 「ボール紙の男たちより、鉄の女の方がよっぽどましさ」

▼イギリスの総選挙でサッチャーさん率いる保守党が勝った日の夜の景色を、「ヨーロッパ」(F・ルイス著)はそんな逸話で伝えている。 サッチャー元英首相の詐報にあらためて思う。 現代の一政治家の異名がこれほど世界の津々浦々まで知られた例があろうか。 そして、これほど本人にふさわしい異名がほかにあろうか。

▼「鉄の女」の名づけ親は旧ソ連軍、サッチャー流にいえば「赤軍」の機関紙である。 首相になる3年前の76年、ソ連の脅威をこれでもかと際立たせた演説に反発してのことだ。 「うかつにも私をヨーロッパ最強の敵としてたてまつってくれたことに、私はすぐ気がついた」。 本人の言には、蔑称を憎からず思うふうもある。

▼右手に信念、左手に不屈を掲げ、妥協や融和は捨て去って前へ進む。 そのやり方には、政権を失って20年以上たった国内になお好悪ひしめくという。 ただ、英国で初めての女性宰相が冷戦末期という激動の世界に刻んだ足跡は永く消えまい。 それは、ボール紙の男たちが今よりずっと幅を利かせていたころの話なのである。

【ページトップへ】




2013年6月10日 なだいなだ 死去

日経新聞2013年6月10日夕刊 なだいなだ氏死去
   作家で精神科医

 小説やエッセー、評論など多彩なジャンルでの執筆活動で知られた精神科医で作家のなだいなだ(本名=堀内秀=ほりうち・しげる)氏が 10日までに死去していたことが分かった。83歳だった。

 1953年に慶応大医学部を卒業。 フランス留学後、慶応病院に勤務する傍ら、スペイン語で「何もなく、何もない」を意味するペンネームで文筆活動に取り組んだ。

 65年にエッセー「パパのおくりもの」で脚光を浴び、69年に「娘の学校」で婦人公論読者賞、70年に「お医者さん」で毎日出版文化賞を受賞した。 ほかの著作に「権威と権力」など。

 2003年にはインターネット上の仮想政党「老人党」を結成。著作「老人党宣言」とともに話題を呼んだ。 アルコール依存症研究の先覚者としても知られた。

 別のところに書いたことを再掲します。

 スペインとカタルーニャの人の苗字は、父系と母系を併記するそうです。

 ○○○イ△△△ で名字となります。
 (○○○(父の苗字)アンド△△△(母の苗字)の意)
 例えば、
 アントニ・ガウディ・イ・クルネー
 リュイス・ドメネク・イ・モンタネール
 パブロ・(省略)・ルイス・イ・ピカソ

 初めて知って、軽い興奮を覚えました。
 同じラテン系なのに、イタリアやフランスとは全く異なります。

 作家の「なだいなだ」氏の名前がナッシングアンドナッシングの意味とは知っていましたが、「 父も母も無く天涯孤独」という意味になりますね。

【ページトップへ】




2015年2月27日 「ミスター・スポック」レナード・ニモイ 死去

日経新聞2015年2月27日夕刊 「ミスター・スポック」
   レナード・ニモイ氏(米映画俳優)

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版などによると、慢性閉塞性肺疾患のため27日、ロサンゼルスの自宅で死去。83歳。

 ボストン生まれ。8歳で舞台に立ち、学生時代には演劇を学んだ。 1950年ごろハリウッドに移って映画デビュー。 66年に始まったテレビの人気SFドラマ「スタートレック」で、異星人の「ミスター・スポック」役に起用され、一躍人気者になった。

 オバマ大統領は27日、「クールで論理的、とがった耳で冷静なミスター・スポックを愛していた」との追悼声明を発表した。
 (ニューヨーク=共同)

 レナード・ニモイは自伝を2冊書いています。
 (I Am Not Spock, 1977年)  - 自伝。
  『わたしはスポック』(I Am Spock, 1995年)富永和子訳、扶桑社〈扶桑社文庫〉、2001年  - 自伝。

 ツィッターにエンディングメッセージを残しています。
"A life is like a garden.
Perfect moments can be had,
but not preserved,
except in memory.
LLAP"
4:36 PM - 23 Feb 2015

 (LLAP=Live Long and Prosper: 「長寿と繁栄を」ヴァルカン星の挨拶であり、レナード・ニモイのツィート・オフのサイン)

【ページトップへ】




2015年2月28日 松谷 みよ子 死去

松谷 みよ子の主要作品

1951年 童話集『貝になった子供』、第1回児童文学者協会新人賞受賞
1960年 『龍の子太郎』、第1回講談社児童文学作品受賞
1961年 『龍の子太郎』、第8回産経児童出版文化賞
1962年 『龍の子太郎』、国際アンデルセン賞優良賞を受賞
1964年 『ちいさいモモちゃん』、第2回野間児童文芸賞、NHK児童文学奨励賞受賞
1967年 『いないいないばあ』
1967年 『いいおかお』
1968年 『もうねんね』
1969年 『のせてのせて』
1969年 『ふたりのイーダ』
1970年 『おふろでちゃぷちゃぷ』
1974年 『モモちゃんとアカネちゃん』、赤い鳥文学賞受賞
1979年 『私のアンネ=フランク』、日本児童文学者協会賞受賞

 さて、松谷みよ子というと、どの本を思い浮かべるでしょうか。
 私の場合は『龍の子太郎』です。
 日経新聞では『龍の子太郎』『いないいないばあ』、神戸新聞では『ちいさいモモちゃん』でした。
 さて、あなたの場合は?

【ページトップへ】




2015年9月19日 ゴーマン 美智子 死去
  【ゴーマン美智子訃報へ】




2016年6月03日 モハメド・アリ 死去

本名 カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア。
アメリカ合衆国の元プロボクサー。元世界ヘビー級チャンピオン。

朝日新聞DIGTAL 2016年6月4日21時19分 モハメド・アリさん死去
 元ヘビー級王者 差別とも闘う

 プロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリさんが3日、米アリゾナ州の病院で死去した。74歳だった。 家族の代理人が「32年間にわたる、パーキンソン病との闘いの末に亡くなった」と明らかにした。 アリさんは世界王者に3度なっただけでなく、リングの外でもベトナム戦争への反対や人種差別、信仰の自由をめぐる言動で注目を集めた、 20世紀の米社会を代表する人物の一人だった。

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」
 私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけが無いだろう。
"Float like a butterfly, sting like a bee. Your hands can’t hit what your eyes can’t see."

 上記は有名ですが、そのほかに次のようなことも言っています。

 人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる。
"It’s lack of faith that makes people afraid of meeting challenges, and I believe in myself."

 あなたが、私に対して、なって欲しいという者に、私はなる義務がない。
"I don’t have to be what you want me to be."

 50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。
"The man who views the world at 50 the same as he did at 20 has wasted 30 years of his life."

【ページトップへ】




2016年10月09日 アンジェイ・ワイダ 死去

 アンジェイ・ワイダ。
 1981年には民主化と東欧の共産主義からの離脱を描いた「鉄の男」。
 2007年にはソ連によるポーランド軍将兵の虐殺を描いた「カティンの森」を発表しています。
 しかし、モノクロで撮影された、静かな敗北感につつまれた「地下水道」「灰とダイヤモンド」が、代表作であるように思います。

日経新聞夕刊 2016年10月11日 アンジェイ・ワイダ氏死去
 90歳

 「映画監督「灰とダイヤモンド」」ともありました。これで判る人には不要な付記ですし、判らない人にはなんのことだか・・・

 第2次世界大戦前後のポーランド社会の流転を描いた「灰とダイヤモンド」などで知られるポーランドの映画監督、アンジェイ・ワイダ氏が9日、肺不全のため死去した。 90歳。ワルシャワ蜂起など史実を題材にした作品を撮り続け、親日家としても知られた。

【ページトップへ】




2017年02月19日 林 京子 死去

 いつかどこかで、読んだ記憶があります。
 林京子は母に近い世代です。たぶん話の端々に描かれたエピソードが近しく感じられたのでしょうか。

日経新聞 2017年03月02日 林京子さん死去
 86歳、被爆体験を小説に

 長崎市で生まれ、幼少期は父親の勤務先だった中国・上海で過ごした。1945年に帰国し、長崎高等女学校に在学中、動員先の工場で被爆した。 その体験を記録した小説「祭りの場」で75年、群像新人文学賞と芥川賞を受賞した。

 11年の東京電力福島第1原子力発電所事故後は、内部被曝(ひばく)の問題を「再びルイへ。」で書いた。

【ページトップへ】




2017年07月18日 日野原 重明 死去

 聖路加国際病院を長く勤め、老ても現役にあり続けるとともに講演や著作で発信し続けていた日野原医師が亡くなりました。
 享年105歳。

【『94歳・私の証 あるがまゝ行く 日野原重明 開戦日を風化させるな』へ】

【ページトップへ】



equさんのページ