カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


 2017年のノーベル文学賞は、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロが選ばれました。

 カズオ・イシグロは1980年代から作品が翻訳出版されており、1989年『日の名残り』がブッカー賞を受賞したことが大きく伝えられ、評価が定まったと覚えています。
 その時分から読んでみたいと思っていましたが、仕事に追われ文学作品を落ち着いて読める環境ではなく、今に至るまで手付かずでした。
 ノーベル文学賞受賞を機に、書店に平積みにされた作品から、まず『忘れられた巨人』を読んでみることにしました。

 舞台は伝説のアーサー王の治世からしばらく経った古代ブリトン王国、過去を忘却し貧しい生活に埋もれている主人公と妻、 社会も古い記憶を忘れかけている。忘れていることを気にしない人々と、何かがおかしいと正そうとする騎士、忘却を制御する勢力も見え隠れする。

 そのような世界を旅する主人公たちは、忘却の根源である竜を退治する場面に立ち会う。この先流動化が予想される社会の行く末が不安感をかき立てる。

 しかし、物語は急転し、主人公と妻の思いがけない別れの場となる。

 描かれたのは、不安と不協和音が鳴り響くような社会に生き、そこで生涯を終える者の、限られた視野を通して見た不透明な世界観と思います。
 古代に舞台を移して、今の世界の事象を隠喩で表しているようです。

 繁栄しているはずの今の世界が、不安と対立に満ち満ちていて、しかも解決策が見えないという現実。
 既に人生の半ばを過ぎ、一定の見識を得た者の、社会との葛藤という視点が評価されたものと思いました。


 2018年6月8日、カズオ・イシグロさんにナイト爵位が授与されることが発表されました。

日経新聞夕刊 2O18年(平成30年)6月9日(土曜日)『イシグロさん「ナイト」に
英政府、爵位を授与へ』

 英AP通信によると、イシグロさんは発表にコメントを寄せ「外国人の少年だった私を迎え入れ、育ててくれた国からの勲章に深く感動した」と強調。 「世界が不安定なこの世界において、開かれた民主主義の伝統や、文学を含む素晴らしい文化を保つ英国を誇りに思う」と述べた。

 ノーベル文学賞はイシグロ文学の普遍性を広く世界に知らしめました。
 英国は称号「サー」を授与し、人々は「サー・カズオ」と呼びかけるたび、日々イシグロの名誉を称えることになります。
 うまいシステムだなぁ、と思います。
 日本国が授与した旭日重光賞は、日々佩用するには重すぎます。

 

【ページトップへ】


ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ