石牟礼道子『西南役伝説』

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


 我々の世代にとっての石牟礼道子は、水俣病の怨念を世に問う名前でした。
 『苦海浄土』をもって、不知火海の公害を忘れて安穏に暮らす都会人の襟首をつかみ、現地の現実にひきずり戻す詩人でした。
 漁民たちの苦しみと失われた人生を思うとき、『苦海浄土』以上に石牟礼道子の世界に立ち入ることは躊躇してしまいました。

 何十年ぶりかに本屋で見つけた『西南役伝説』は、ふと手に取れる新書版の手軽さ。
 天草の潮の香にひかれるように買ってしまいました。

 幕末から西南の役の頃の天草から肥薩の百姓の生活を、つい昨日のことのように聞き書きでまとめた本書は、 苦しい生活と、それを補って余りある深い情念を読者に伝えてくれるものでした。
 その感動を記したいと思ったのですが、簡単に要約できるものではなく、読後2ヶ月が経ってしまいました。

拾遺一 六道御前 から

 膝を病んで、傾き傾き、難儀して歩みおらいたで、あのとき吊り橋もたしか、戦さのために切りほどいてあったかもしれんよな。 わたいは頭陀袋を下げて先きに歩いて、子どものことじゃけん、まだ半分は眠いが一心で、くずり泣きしながら、 ぎしり、ぎしりと揺るる吊り橋を渡ってゆきおったが、うしろからかかさんの、
「負いずりの紐ば負い直すけん、渡ってしまえ。兄者殿の、落っちゃえらるけん」
 そういわいた。
 わたいが先に渡ってしもて、わっぱり吊り橋ちゅうは揺れておとろしかん、いくらなんでも目がさめて、ぶるんとふるうて振り返り申したのと、 かかさんの、
「ろくー−っ!」
 とおめいて落っちゃえらるのと、谷の下ではげしい水の音がしたのと、いっしょで。

 迫真の収録文に感動し、解説を読んで「『六道御前』『草文』の二篇は「聞き書」ではなく、全くの創作である。」とあっても、 そうかと納得しこそすれ、違和感はありませんでした。
 「聞き書」も聞いた相手の有無だけで、その時を生きた真情の発露であるかはわかりません。
 石牟礼は自らの言葉で、その地の生活を十分に表現しうる作家であるということでしょう。



ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ