新聞を読んで

equさんのページ


 笑ってしまいました。嫁さんも一緒に笑いました。
 そして、人生訓として娘に読ませるべき、と意見が一致しました。

朝日新聞2010年01月23日be 『悩みのるつぼ』

「スキ」ある女しかモテない?
   相談者 会社員 33歳

 モテない33歳の会杜員女性です。岡田さんにうかがいたいのですが、「スキ」って何ですか。 女として「スキがない」ってどういうことですか。 面白みがないこと、色気がないこと、性的魅力がないこと、でしょうか。モテるために大事ですか。

 客観的に見て、わたしは容姿もかなりのレベルだと思うのですが、全然モテません。

 仕事もきちんとして周囲から評価され、他人のミスもカバーするなど、思いやりや、やさしさもあるほうだと思います。

 ただ、恋愛に関しては、恋人侯補になる男性が現れても、関係を深めることができず、うまくいきません。 そんなことがずっと続いてきました。

 20代で別れた男性に昔、「君はスキがない、なんとなくかわいくない」と言われました。

 そのことがずっと気になり、考えてきましたが、「スキがある」とは結局、 「すぐセックスできそうな雰囲気がある」ということではないかと思えてなりません。 そういう人なら、男性も、恋人にするには心配で、遊び椙手として軽くみるのではと思うのですが、 周囲を見渡すと、そういう女性が現実にはモデて、結婚して幸せそうだし、しかも、既婚なのにまだモテていて、正直、悔しいです。

 「スキがある」とは、フェロモンですか?天性のものですか?スキがない女に恋愛はできませんか?

「スキ」考えるより「モテ」戦略を
   回答者 評論家 岡田斗司夫

 「スキってなに?」。そんなノンキな話をしている場合ではありません。たとえ美人でも30過ぎてからモテるのは戦略次第。

 モテるとはなにか?「素敵な男性が次々と言い寄ってくる状態」というのは大間違い。 「男に自分を口説かせるようにしむける行動の成果」がモテです。

 「待ち」ではなく「攻め」。自分から積極的に話しかけましょう。相手は「見た目が標準以下」の男です。 中身も外身もいい男はモテるので女性を選び放題。選べる立場の男は、高確率で若い女性をチョイスします。

 見かけのせいでモテないけど、中身の良い男はいくらでもいます。どんどん話しかけ、食事やお酒、映画にも誘いましょう。

 そうすれば、絶対に相手からアプローチがあります。ただし、恋人にならず踏みとどまること。 友達以上、恋人未満をキープしてください。ぞういう男性を3人以上作りましょう。

 おぼえておいてください。この状態が「モテ」です。

 この彼氏未満の「3人枠」、常に新規開拓を続け、より良い人があらわれたらチェンジします。 この作業を1年続ければ、あなたの恋愛スキルは劇的に上昇します。 スタート時点から数回チェンジすれば男性のレベルもそれなりの水準に落ち着くはず。 これまで「対象外」と思っていた男性と会話や食事することは、あなたの男性観や恋愛観を大きく育てます。 「男の中身を見る目」もつくので、選択肢も増えているでしょう。

 周囲に素敵な男性が複数いて、あなたと付き合いたいと願っている。これを他人が見れば「モテモテだ」と言うのです。

 ただし、きれいに付き合い、きれいに別れるよう気をつけて。注意点は三つ。 「肉体関係をもたない」「デート費用は割り勘」「不倫しない」。 周囲に「これが恋だ!という決め手がまだ見つからなくて」とボヤくのも忘れずに。

 相手の男性に悪い、と思う必要はありません。現在、男性は深刻なモテ格差に悩んでいます。 モテない男にとって「恋愛できた」というのは得難い経験です。 つらい時、自信をなくした時に思い出し、何度も元気を取り戻せる「思い出」が彼を「いい男」に磨くのです。

 モテるようになった1年後、この記事を読み直してみましょう。もう「スキってなに?」とか、どうでもよくなってますよ、
(笑)。

 いかがでしょうか。
 特に、最後の「相手の男性・・・」の部分に、何とも言えないペーソスを感じてしまいました。


【ページトップへ】



 親ばかです。
 iPadを見た娘は、本は活字の羅列ではなく、その装丁、手触りも楽しむものだからいやだと言いました。
 
尊敬する福岡先生が、娘と同じことを言ってます。娘もなかなかなものです。

朝日新聞2010年04月29日 あすを探る 科学
『触れてわかる「媒体」の実体』

 米アップル杜の新型携帯端末「iPad」を一足先に入手した。 日本での発売は5月末とのことなので待ち切れず、米国在住の知人に頼んで買って送ってもらったのだ。

 iPadで電子書籍iBooksをさわってみて驚いた。 文字はくっきり鮮やかで読みやすい。挿絵もカラーで美しい。 そして指先で画面に触れると、まるでほんとうの紙のぺージをめくるような感覚で自由自在に操れるのだ。 無線でネットとつながり、好きな本を随時購入できる。 それをiPadの中に作った自分の本棚に並べられる。 この小さな装置の中に蔵書のすべてがすっぽりおさまり、本を探したり、単語やフレーズを検索することもたやすい。 メディアというものの明日に、私はあらためて思いをはせた。

 ところで生物学の世界では、メディア(単数形はメディウム)といえば、それはシャーレの中で培養細胞を浸す栄養液のことを指す。 細胞は、37度に保温されたあたたかいメディウムの中で育つ。 細胞たちはおそらく自分たちを取り囲む、この媒体(メディア)の存在を、 ちょうど水の中に棲む魚が水という媒体の存在を知らないように、 あるいは、私たちが空気や重力や温度といった媒体の存在を気にしないように、自覚してはいない。 しかし、彼らはその媒体と確実に接している。その接点で媒体に支えられている。

 そのような意味において、細胞を浸すメディアは、現在、私たちが一般的に「メディア」と呼んでいるものと全く同一のものだ。 すべてのサービスをウェブ経由で活用するネット環境、いわゆるクラウドも、その意味で私たちを取り囲むメディアになりつつある。

 もはやコンピューターという箱の中に、特定のOSやソフトウエアを入れ、ファイルやデータを保管する必要がなくなる。 すべてはクラウドの向こう側からくる。ニュースも書物も晋楽も映像も。 人々はクラウドの中でつながる自由をもつ。 そのかわり、すべてをクラウドの向こう側に託す。ファイルもメールもあるいはマネーすらも。

 先に、私は、細胞がメディアの存在に気づかないまま、しかしそれに確実に接していると記した。 その接し方を(より正確にいえば、生命という球体が媒体とある一点で接していることを)科学用語では、タンジェントという。 タンジェントはまた、形容詞タンジブル(tangible)につらなる。触れてわかること。手ざわり感がもてること。

 細胞にとってメディアとは、単に栄養素や酸素や成長因子を溶かしこんだ溶液(ストック)ではない。 接する時、接した点で物質とエネルギーと情報の交換が行われる。 それが生化学反応を引き起こし、生命という動的な平衡を支える。 そのとき初めて細胞にとってメディアはメディアとしての意味をもつ。

 そのように考えると私たちにとってメディアとは何かが見える。 メディアとは、単にコンテンツやデータを載せたアーカイブではない。 メディアとは、それに接すると流れが導かれ、反応を引き起こすものとしてある。 そのとき初めて意味を持つ動的なものとしてある。 そして、接するときのタンジブルさこそがその実体を示す。

 残念なことに、私は接点としてのiPadをとてもタンジブルなものに感じた。 なぜ残念かといえば、紙の書籍や紙の新聞に、私はずっと特別な手触りと愛善を感じてきたからである。

 でもそれは私たち旧世代の感傷であろう。 これから生まれてくる世代にとって、iPad(あるいはそれに類するもの)は、ハイテクでもなくローテクでもない。 アナログでもなくデジタルでもない。彼らにとってそれはタンジブルな第一言語(ネイティブラングェジ)としてそこにある。

 ヒトが地球上に出現しておよそ700万年。紙がタンジブルだった数千年は、その中の一瞬として、まもなく確実に終わる。 しかし、流れとして、その流れ方としてのメディアは私たちとともにあり続ける。

 (ふくおか・しんいち、青山学院大教授・分子生物学。  著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』『ルリボシカミキリの青』など)



 TOEIC600点必要とかそれが700点とか、ますます英語能力が求められる昨今ですが、エスペラントに関する記事も時たま出ます。
 樺山紘一は正しい知識を持ってられるようです。

日本経済新聞2012年4月29日 欧人異聞
希望の共通言語の創始者 ザメンホフ
樺山 紘一

 それは、「希望する人」を意味する人工言語だった。 エスペラントには、創始者であるポーランド生まれのユダヤ人、ラザロ・ルドヴィコ・ザメンホフの運命(さだめ)が、びっしりと詰まっている。 それもそのはず。

 ロシアほかによって3分割され、国を失ってひさしいポーランド。 そして、故郷を去ってしいたげられ、流散(るさん)にあえぐユダヤ人。 個別言語のかたわらに、共通人工言語を設定しようという提案は、その隘路(あいろ)にうまれた。 エスペラントは、自身の究極の思いにあふれている。 公式の文書刊行は、1887年のこと。

 ザメンホフは、北東ポーランド生まれの眼科医。
 そのかたわらで、諸国の言語を研究した。 母語はロシア語だったのだが。 この境遇のなかで、エスペラントは、まさしく「希望」の言語だった。

 ヨーロッパ系の諸語をもとに、動詞の活用語尾を省略するなど、いくらかの簡略化をはかったすえの造語体系。 人工語であるが、接頭・接尾詞など工夫して、現実のニュアンス表現にも配慮した。 ヨーロッバ人であれば、ほぼだれでも推測出来る範囲の共通性だった。 もちろん、ここは、ひとえにヨーロッパ人対象ではあるものの。

 その19世紀後半は、「国際」の時代だった。諸国の交流と協力が、ゆたかな成果を期待させる。
 国際赤十字条約は1864年。万国郵便連合は1874年。 そして、近代オリンピツクは1895年に。 エスペラントは、こうした雰囲気につつまれて誕生した。 万国共通の理解手段として、熱い希望を託されて。

 それから1世紀あまりが経過した。
 いまや、グローバル化のもとでは、英語の適用力がまさり、世界を縦横無尽に席巻しまくる。 そのなかで、かのエスペラントはどうなるのか。もう勝敗は決したのか。 それとも、「希望する」言語と、縦横無尽に席巻する言語との対決は、まだ開幕のゴングを聞いたばかりなのだろうか。 ザメンホフの息づかいを聞きたい。

(西洋史家)

 ちなみに、こんな人もエスペラントと接点をお持ちです。

日本経済新聞2012年6月12日 私の履歴書
米沢 富美子

 大学院修士課程1年の初冬、私は米沢允晴(まさはる)と結婚した。
 出会いは京大入学式の日だった。 私は入学したらエスペラント部に入ろうとずっと考えていた。 国家の政治力に左右されない平等な国際語の理想に共感したからだ。

 「僕が部長の米沢です」。京大の西部構内にある部室の奥に座っていた允晴が自己紹介した。(以下省略)


【ページトップへ】



 雛祭となり、新聞に「形代」という随筆が出ていました。
 雛の起源である形代を題材に、歌人の小島ゆかりの書いたものです。

日本経済新聞2013年3月2日夕刊 プロムナード
形  代 (かたしろ)
小島 ゆかり

 歳時記の「桃の節句」から始めて、雛の起源が形代であったことを説いています。

 飾っても流しても、雛人形はなんとなく哀しい。 それはおそらく、わたしたちの穣れや情や祈りを負う、形代としての歴史がたたまれているからではないだろうか。

 形代といえば、もっとおっかない、丑の時参りの藁人形も思い出す。

 と、話はややミステリーに向います。
 ところが、その藁人形が通販で売られているらしい。

 いったいどんなふうに売られているのか。「藁人形二体に五寸釘三本」のセットとか、呪いの文旬を書き入れる専用の用紙もあるのかしら。キャンペーン中は釘が一本オマケについてくるなんてことも。 ついつい想像が先走ってしまうが、いやまさか。 そう思っていたときに、こんな歌を見つけたのだった。

 「御家庭でひそかに詛(のろ)へます」
     通販に藁人形のありとこそ聞け
               富原望子

 「ありとこそ聞け」は、文語文法の係り結び(「こそ」十活用語の已然形)。「なんとまあ、そんなことを耳にしてしまったのよ」というほどのニュアンスである。 作者は鹿児島在住の人だから、噂は全国的にあったのだ。 しかも「御家庭でひそかに詛へます」というキャッチフレーズまで広まっていたとは。


【ページトップへ】



 日経新聞の文化面に、タイアップ記事がありました。
 「記事+広告」のタイアップではなく「記事+記事」のタイアップです。
 知識のリンクと、大目に見ましょう。

 キーワードは『玄翁』です。

 玄翁とは古いことばです。都会の生活では一生知ることがなくても、別に困るものではありません。
 でも昭和三十年代以前に百姓家に生まれた人たちには、記憶の底に残ることばでしょう。 生活の場が生産から切り離されて、多くの生産道具がその名前とともに失われました。

 今も製缶現場や保守作業場で見かけますが、今は「大ハンマ」と呼んでいます。

日本経済新聞2013年11月8日文化面
英国の妖精画 十選>6
  明星大学名誉教授 井村 君江
ウォーリック・ゴーブル「狐の姫−玉藻の前」

 幻想的な、しかし線のやさしいあえかな挿絵が無いのが残念です。

 ロンドン生まれのゴーブルはウエストミンスター美術字校に学ひ、 1893年ころから、口イヤルアカデミーを含む多くの展覧会に出品した。 美しい多色の水彩画、挿絵で知られている。

 印刷会社で働きなから特殊な石版多色刷り画法などを身につけた。 童話の挿絵を多く手がけたが、なかでもインド神話「ベンガル民話」や グレース・ジェームスの「青柳と日本昔話」が有名だ。 この絵は日本昔話の挿絵の1つ「狐の姫・玉藻の前」である。

 平安時代末期、鳥羽上皇に仕えたとされる絶世の美女、玉藻の前。 実は九尾の狐が化けた姿といわれる。 天皇の心を奪って国を滅ぽそうとするが、正体を暴かれ、弓の名手たちに退治された。 その怨念は毒を放ち近づくものを殺す石「殺生石」となるが、玄翁和尚がこれを打ち砕いて成仏させた。 和尚の経文で狐の精が立ち現れた場面がこれである。

 日本に来たことのないゴーブルの想像によるもので、 和尚の黒い袈裟や狐の着物には日本の雰囲気が感じられる。 けれどもよく見れば帯は締めておらず、着物には襟も無く、ドレスのように長く椒を引いている。

 超自然的な魔物が、着物姿で描かれている絵は西洋人には珍しく感じられたのだろう。 異国情緒たっぷりの画面である。
(1910年、水彩、紙、34×23・6a)

 そのすぐ左に8段の記事があります。

日本経済新聞2013年11月8日文化面
築後の石工の史石巡り
福岡・櫟野の工人が手掛けた橋や塔を調査、記録に残す
  佐藤 和四郎

 明治の初め、櫟野石工の名は高まり、熊本県北部から筑後一円に多くの作品が残る。 近世櫟野石工の祖といわれる石丸幸助の孫、幸一は明治6年(1873年)ごろから、 それまで櫟野石工が手がけていなかった狛犬もつくるようになる。

 ばらばらに活動していた石工集団が結束する動きが出始めたのもこの頃だ。 「石神さん」と呼ばれる玄翁和尚像を建立し、年頭の祥月命日に当たる1月7日に 石工たちが集まって子孫繁栄などを祈願。 明治41年(1908年)には各棟梁が集まって協定を結び、受注価格が暴落するのを防いだ。

 熊本を中心に多くの石造アーチ橋を残し、今西祐行『肥後の石工』に描かれた石工集団が有名です。 筑後櫟野も阿蘇凝灰岩「櫟野石」の産地です。同根の文化ですね。


【ページトップへ】



 生物学者の福岡伸一先生は、専門外の分野でも博識です。
 しかも該博な知識を開陳されながら、それがいつの間にか専門分野につながっていくのがとてもおもしろい。

 日経新聞の日曜紙面で「芸術と科学のあいだ」という随筆を連載されています。

日本経済新聞2015年3月29日 芸術と科学のあいだ
(59)ひつじと人 群れの動き類似
福岡 伸一

 リーダーや階層構造が無く、平等でただ周りに合わせているだけの、羊の群れの動き説明しています。
 羊だけでなく魚の群れの動きなどにも一般化できる、基本原理があるようです。

 中央集権的でなく分散的。リーダーはなく平等。互いに似た群れの行動の背景には同じ基本原理を見いだせる。 米国のコンピューター技師、クレイグ・レイノルズは、ランダムな点の動きに3つのルールを与えるだけで 「群れ」集団として動かせるシミュレーション「ボイド」を考案。 そのルールは 「互いにぶつからないよう最小限の距離を保つ」  「隣と同じ方向、同じ速度で動く」  「みんなが集まっている方向を目指す」  とシンプルだ。

 「ボイド」はその後、その有用性が評価され発展。 今ではゲームやハリウッド映画の背景で、群衆が逃げまどったり、戦闘シーンを作画したりするときに大活躍しているという。 似ている動きにも共通項があったのだ。

 福岡伸一、著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』『ルリボシカミキリの青』など。

 ちなみに家畜と親しんでいた生活文化から、英語は日本語より群れを詳しく説明し分けています。
 人の群れは "a crowd"
 牛馬の群れは "a herd"
 羊や鳥の群れは "a flock"
 オオカミの群れは "a pack"
 小鳥の群れは "a bevy"
 魚の群れは "a school"と言うそうです。

 2015年6月28日、日経新聞日曜紙面の「芸術と科学のあいだ」が最終回となりました。
 2年間楽しませてもらいました。


【ページトップへ】



 中国の実社会がすっかり身近になった昨今、漢文学は遠い学問となってしまいました。
 それでも古典漢文に惹かれるのは、古い教育を受けてしまった者の性(さが)でしょう。

 

日本経済新聞2016年4月16日 遊遊漢字学
学問の謝礼「束脩」の起源
阿辻 哲次

 巨人・西鉄の監督をされた三原脩氏から名を頂いた学生が、下村脩氏がノーベル化学賞を受賞したとき喜んでいるのを見た阿辻先生が聞いたそうです。

 あまりにもはしゃいでいるので思わず「『脩』ってどういう意味の感じか知ってるかい?」と聞いてやると、彼は急に小さな声になって、 「辞書で調べたんですが、『乾し肉』という意味なんですってね」と浮かぬ顔をした。

 漢和辞典で「脩」を引けといわれたら多くの人はニンベンを調べるだろうが、「脩」は《月》部に入っており、この《月》は「肉」を意味する、いわゆる「ニクヅキ」である。 「脩」はその《月》=肉によって意味を与えられ、《攸》(ユウ)で発音が示される文字で、本来の意味は「乾し肉」のことであった。

 その脩を十本ワンセットにしてたばねたものを「束脩」(ソクシュウ)という。 古代中国では親しい友人間での贈答品として乾し肉をよく使い、特に学問授けてもらうために塾や学校に入る際には、謝礼として束ねた乾し肉、すなわち「束脩」を持参するしきたりがあった。

 孔子はほんの少しでも乾し肉を持参した者には弟子入りを許したが、それはその行為が作法にかなっていたからである、と説明したあと阿辻先生は残念そうに続けておられます。

 学生時代に家庭教師のアルバイトをしていたが、あるお宅からいただく謝礼の袋にいつも「束脩」と書かれていた。 ずいぶん古風なことばを使われるものだと感心したが、同級生の半数くらいは意味を知らなかったから、その頃から「束脩」は死後に近かったようっだ。(漢字学者)

 阿辻先生、御歳六十四歳。歳の差4つで文学部と工学部の違いもあったのですが、うん、私の同級生の99%は「束脩」の意味を知らなかったことだろうと確信しています。


【ページトップへ】



equさんのページ