腰の故障・坐骨神経痛

ここをクリックすると、equさんのページへ


 坐骨神経の痛みに悩まされるようになって、数ヶ月経ちました。

 トラックでインターバルトレーニングと称し、400mから1,000mの繰り返し練習を始めた頃から、 左臀部下に鈍痛が残るようになりました。
 ここで、痛みが治るまで休めば良かったのでしょうが、ストレッチで治るだろうと無理を続けました。

 慢性化しても、次のリレーマラソンが終わってから休養しよう、とずるずる続けていました。

 夏に、2週間も走らなかったら治るだろう、とタカをくくっていました。 しかし、2週間が3週間になっても痛みは引きません。

 ずるずる時間が経った9月初旬に整形外科にかかりました。
 腰椎の椎間板が背中へ膨れて、神経を押えて痛みを感じているようです。 走るとまだ左脚へ伸びる神経をこすり痛くなるのだとか。
 当分の間、腰椎牽引と理学療法が続きます。

 治療の参考にと、腰痛の本を買いました。

講談社ブルーバックス
荒井孝和 著
『腰痛・肩こりの科学 原因から治し方・防ぎ方まで』

 治療が始まって2ヶ月。
 そろそろとジョグしてみましたが、まだ坐骨神経は痛みます。 痛んだ神経の炎症が治まり走れるようになるまで、まだ時間がかかるようです。
 根本的な治癒には、猫背の姿勢を改善することが必要なようです。

【2005年の日記へ】


転院

 整形外科で理学療法を半年続けましたが、痛みが取れません。 とうとう治療方法を換えることにしました。
 こんどは整骨・鍼灸院。

 近所の整骨・鍼灸院へ行ってみたところ、腰椎ヘルニアの場合、痛みが出るのはよほどひどくなった時で通常は痺れるそうです。
 痛みが出るのは、筋肉がこわばり坐骨神経を押えるからだそうです。
 しばらくはマッサージに通院です。

【2006年の日記へ】


再度の治療

 少しましになっていた坐骨神経痛が、再発しました。
 神戸マラソンが秋に開催されるので、マラソン完走できるように新年から練習を強化したところ、 左太腿付根に痛みが出、脚に力が入らなくなりました。

 近所の整骨院にまた、土曜ごとに通うようになりました。
 昼休みと寝る前にもストレッチ三昧。おかげでやっと少しましになってきました。

【2011年の日記へ】


ここをクリックすると、ページトップへ戻る