新聞を読んで

equさんのページ
 今週は音楽フリークです。

朝日新聞2001年12月18日 『ステージ ビョーク』
 −完璧な中に孤独さ垣間見る−

 ビョークの最新作「ヴェスパタイン」はー般的はポップスの様式から遠く逸脱した作りだった。 電子ノイズがリズムを刻み、ハープやストリングス、コーラスが緩やかに交錯する中に、 ビョークの切々とした歌声が浮かび上がる。 静かなアルバムだが、聞き手を縛りつけずにはおかない、ある種の攻撃性をも秘めている。 そんな最新作の音世界が、果たしてステージに乗りうるのだろうか?
 そんな興味も抱いて、来日公演に足を運んだ(2日、東京・三軒茶屋の人見記念講堂)。

 オーケストラボックスには東京フィルハーモニー交響楽団。ステージ上には十数人の女性コーラス。 それ以外はエレクトロニクスを操作するマトモスという2人組と女性ハープ奏者だけという 特異な編成。
 中規模のホールでこんな形式のステージを組んで世界ツアーを行うというのは、 昨今のミュージックビジネスでは例を見ない。 だが、ビョークは是が非でもそれを実現させたかったのだろう。

 チケットは高価だったが、単にゴージャスというだけにとどまらない、 ビョークという音楽家の巨大な野望が、ステージ上でめくるめく展開を見せていく様には、 圧倒されずにはいられなかった。

 第1部は最新作と前作「セルマソングス」からの曲を中心に、 休憩をはさんで第2部はデビュー時からのヒット曲も網羅するという考え抜かれたパッケージ。 アレンジはレコードのそれを踏襲したものが多いが、 生のストリングスとコーラスを加えた夢のようはサウンドは、時を忘れさせる。 ピョークのボーカルコントロールも常に完璧と言ってもいい素晴らしさだ。

 ただ、すべてをコントロールするビョークはひとり孤独に見えた。 これ以上ない贅を凝らした孤独の表現。そんなコンサー卜として、この夜の記憶は長く消えないに 違いない。
  (高橋健太郎・音楽評論家)

 この記事を読んで、さっそく「ヴェスパタイン」、「セルマソングス」、 CDを2枚買いました。

 ビョークはアイスランド出身の歌手ですから、従来の表記ではビョルクとなります。 でも、世界を舞台に活躍中で歌詞も英語だから、ビョーク、となるのでしょうね。

 記事ではポップスと紹介されていますが、技巧を凝らさない、素朴な歌謡のような歌い方には ヨーロッパの土俗の雰囲気があります。

 「ヴェスパタイン」は単調な、まるで祈祷のような繰り返しで、 神秘性にあふれるアルバムです。

 「セルマソングス」は、昨年末公開の映画「ダンサーインザダーク」のサウンドトラック版なので、 わかりやすくビョークの魅力を引き出しています。

 「ダンサーインザダーク」では、「アイヴ・シーン・イット・オール」やその他の歌を ビョークは歌いますが、音楽だけではなくセルマ役で主演もしています。
 この映画も、ひとりビョークの魅力をひきだすよう組まれています。
 ただ一人、カトリーヌ・ドヌーヴの理知的な配役が際立ち、 それがさらにビョークの歌の感性を引き立てるようになっていました。

 「セルマソングス」は音楽CDですがボーナスがあります。是非PCでご覧ください。

【ページトップへ】



朝日新聞2010年6月19日be on Saturday
『400年伝わる祈り「グレゴリオ聖歌」』

 戦国時代にキリスト教とともに伝えられたグレゴリオ聖歌が、隠れキリシタンの里、生月島に今も伝えられているそうです。
 今朝のbeはひっそり残る「歌オラショ」の原歌を長い間かかって突き止めた、皆川達夫さん=立教大名誉教授=のお話です。

Laudate Dominum omnes gentes:
laudate eum omnes Populi.
Quoniam confirmata est super nos misericordia ejus:
et veritas Domini manet in aeternum.
Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.
Sicut erato in principio, et nune, et semper, et in saecula saeculorum, Amen. Jesus.

だおだて、どーみの、おーねー、ぜんて、
ろーだて、いよーに、いしぽぽりや、
こんや、こえりますと、あすべりつす、のす、みじりこーりや、えんしゅ、
よっ、べりつすどみの、まにへ、みすてーりか。
ぐるりゃ、ぱーてろ、よつひりょと、よつべりと、よさんと、
しくでら、えんぺら、せんぺら、やえぬき、せんぺら、えね、せーくろ、せくろ、あんめーずす

 グレゴリオ聖歌「Laudate Dominum」と、歌オラショ「らおだて」。
皆川達夫著『洋楽渡来考』から。
グレゴリオ聖歌は、6世紀末のローマ法王、グレゴリウス1世の名にちなむ。
最近の研究で、9〜11世紀の欧州各地の聖歌を中心に編集されたことが分かってきた。
ローマカトリック教会の公式な聖歌として、ミサや聖務の際に歌われる。
基本的にはラテン語で、和音のない単旋律。

 実はわたしは平戸、天草の地誌や隠れキリシタンにまつわる話に目が無いのです。 世の中の中央ではなく周辺の、支配者ではなく被支配者の物語に親近感を感じます。

【ページトップへ】



 ペースメーカーについて、二題。

朝日新聞2002年1月18日 『電磁波でべースメーカーリセット』

 店舗の出入り口などに設置されている盗難防止装置の電磁波で、 埋め込み型心臓ペースメーカーの設定がリセットされた例が報告され、厚生労働省は17日、 「医薬品等安全性情報」を出して、医師らに注意を呼びかけた。

 盗難防止装置や金属探知機の電磁波によるぺースメーカーへの悪影響は指摘されていたが、 国内で被害が確認されたのは初めて。

 厚労省によると、図書館内の盗難防止装置の電磁波によって、80代の女性が使っていた ペースメーカーの、拍動などを個人用に合わせた設定が解除され、初期設定に戻ってしまった。 昨年6月にペースメーカー輸入販売会社から報告があり、電磁波が原因であることが 10月にわかったという。

 個別設定がリセットされても動き続けるため、女性は気付かず、 月1回の定期診断で初めて分かった。

 電磁波が、実際にペースメーカーに影響をおよぼしたという例が、一般紙で報道されたのは、 知る限りでは、初めての記事です。

 それでも、よく読むと昨年判明した事実についての、官庁の発表記事です。 バイアスがかかっていますね。

つぎは、

神戸新聞 年月日・・・忘れました  『コラム「正平調」』

「使用をご遠慮願います」が、「電源を切るよう、ご協力願います」と厳しくなった。 混雑時の電車内での、携帯電話の使用自粛を則すアナウンスだ

◆今週から新しいアナウンスにした神戸の地下鉄の場合、 「ペースメーカーを使っている人の迷惑になります」と、その理由も流れる。 ペースメーカー使用者は、どう感じているだろう。逆に、過剰な不安を抱いていないだろうか

◆念のために、携帯電話の電磁波でどのくらい影響があるのか、社団法人・電波産業会に聞いてみた。 たしかに、過去、ごく古いタイプのペースメーカーの一機種に影響が見られたことはあった。 それも十五a以内の近距離での実験だったという。 だが、満員電車などで万一の心配がないわけではない。 でも最近の機種では、よほど密着しない限り、まず影響は考えられないという答えだった

◆では、なぜ携帯電話の自粛のため、ペースメーカーを引き合いにだすのか。 「マナーで訴えるより、具体的で説得力がある」(神戸市交通局)というわけだ。 なんとかしたい気持ちはわかるが、これだけ乗客が不快な思いをしているのだから、 「他の客の迷惑になる」と、もっとはっきり言えばいいのではと思う

◆全国の公共交通機関が携帯電話に頭を痛めている。携帯電話用の優先席を設けたり、 車両によって自粛アナウンスの内容をきつくしたり、やわらげたりと、 いろいろ苦心している私鉄も登場している

◆それでも、時と場所を選ばぬ、おしゃべりは止まらない。そんなにマナーがわるいのなら、 そろそろルールが必要かもしれない。

 公共の場での携帯電話。
 迷惑だと指弾されながら、一向やむ気配はありません。
 他方で、誰にも反駁することができない、自粛のための理由付けがあります。 それが、携帯電話によるペースメーカーへの悪影響。

 それが建前だろうとは、皆、薄々気付いています。
 実害があることは規制されるべき。では、それほど害がなければ・・・

 ルール(法律)で規制するか、どうかは、これから論議するべきですが、 「おしゃべりが不愉快」と、論点をはっきりさせるべきでしょう。

【ページトップへ】



朝日新聞2010年04月03日 Be on Saturday
 今さら聞けない+『携帯とペースメーカー』
 車内の電語そんなに危険?

 先の記事から8年が経過しました。
 車内での携帯電話の使用は落ち着いてきており、無闇に使用する人も少なくなれば、 急な呼び出しに遠慮がちに応える人へ冷たい視線を向ける人も目にしなくなりました。

 車内放送でもペースメーカーを口実にせず、他のお客さんの不快をはっきり伝えるようになってきました。
 携帯電話について、社会がかなり成熟してきたと言えます。

 そんな中、朝日新聞にこの問題の集大成のような記事が出ました。

 「優究席付近では、携帯電話の電源をお切り下さい」。 電車やバスのなかで、こんなアナウンスをよく聞きます。 心臓ぺースメーカーなどに、揚帯の電波が悪影響を与える司能性があるからだとされていますが、 携帯の電波って、本当にそんなに危ないものなのでしょうか?

 携帯電語は1990年代に急速に普及し、00年ごろから、鉄道内の優究席付近では電源を切るよう呼びかけられるようになりました。

  □      □  

 鉄道各杜は「心臓ぺースメーカーなどの医療機器をご使用のお客様に安心してご乗車頂くため」といいます。 ですが、日本心臓ぺースメーカー友の会の日高進副会長にうかがってみると、意外な答えが返ってきました。

 「車内の携帯電話を心配しすぎないでほしい」と言うのです。会員も、携帯を持っている方が多いそうです。

 友の会は、最近のぺースメーカーは携帯の影響を受けないよう改良されたとして、01年ごろから問題視していないそうです。 朝日新聞の投書欄に、車内の携帯使用を怖いとする読者の投稿が出たため、 日高きんは昨年「車内の携帯にびくびく無用」という文章を朝日新聞に寄せました。

 携帯の電磁波に詳しい電磁界情報センターの大久保千代次所長によれば、 携帯の電波でぺースメーカーが誤動作して人が亡くなった事故の報告は、一件もないそうです。

 携帯電源オフの根拠のひとつとされているのは、関係省庁や業界団体などが97年につくつた、 ぺースメーカーと携帯電語の間を「22a程度以上はなす」という指針です。 通勤ラッシュ時の混雑で近づくことも考えられ、「電源オフ」の要望が出てきました。

 この基準作りにかかわった日本不整脈学会の豊島健理事は「米国など海外の基準は15a。 日本は独自に実験して22aにした」といいます。

 「22a」基準のもとになったのは、「第2世代」の携帯電話「mova(ムーバ)」などの実験でした。 日本独自の周波数を使う携帯電語で、海外より大きな影響があったそうですが、「第3世代」携帯電話の普及で、 movaはすでに12年3月末で終了が決まっています。

 ただ、ぺースメーカーなどの業界団体、日本不整脈デバイスエ業会の岩井洋さんは 「古い電話を使い続けている人が一人もいないといえない以上、22aの基準を簡単には変えられない」といいます。

 総務省などは、新タイプの携帯電話が出るたびに実験を繰り返していますが、 最新機種では数a以内まで近づけないと影響しないという結果も出ています。

  □      □  

 とはいえ、鉄道内で携帯電話で勝手にしゃべってよい、というわけでもありません。 一英国ヨーク大学の心理学者が皿年、こんな実験をしています。 被験者64人に、列車の中やバス停で、2人がしゃべる様子を聞かせました。 会話の半分は携帯で話し、残り半分は2人が面と向かって話すという場合でした。

 会話内容はありふれたものだったのですが、携帯を使ったほうを、不快に感じる人が多いという結果が出ました。

 なぜ携帯のほうが気に障ったのか、研究者にもはっきりしたことは言えなかったそうですが、 会話の片方しか聞こえない場合、会話を理解しようと自動的にひきつけられてしまう習性があるのかもしれないということです。

 日本民営鉄道協会が99年から実施しているアンケートでも、車内の不快な行為のワーストーは当初4回連続で「携帯電語の使用」でした。 メールやネット閲覧も含め、マナー問題として車内の携帯電話の使用は注意をすべきでしょう。(小堀龍之)

記者のひとこと

 電車内の携帯電話は、心臓の具合が悪く、ペースメーカーを埋め込んでいる人にとってはたいへん気になる問題だと思います。 実は、朝日新聞の過去の記事でもこうした話は出ていましたが、改めて「今さら聞けない」話題として紹介しました。

 車内では、通信機能を持ったゲーム機で遊んでいる人もよく見かけますが、電波が強くないため、こちらも心配しなくてよいそうです。 ただ、周りに心配や深いな思いをさせないために、優先席付近では電子機器の電源を切っておくのが「マナー」なので注意しましょう。

 まずは妥当な記事でしょう。
 携帯は良しとして、今後なにか類似の新しい問題が現れても、不確かな技術論を振りかざしての世論形成をなさらぬよう、 ご留意されますことを心からお願いします。

【ページトップへ】



朝日新聞2010年08月01
 氷河特急作業員「犠牲、悔しい」
 脱線1週間

 先日、スイスアルプスを縦走する氷河急行が脱線転覆し、日本人観光客に死者が出ました。 氷河急行(新聞などでは特急としていますが"Express")は、ローカル線や旧路線(所々にはアプト式線区もあります)をつないでゆっくりと走りながら、 沿線の山岳や高原の景色を楽しむ観光列車です。
 夏は掻き入れ時だから、原因不明のままわずか数日で運行を再開しました。
 後を追うように、運転手の速度超過が原因と発表されましたが、結論を急ぎすぎているような気もしないではありません。

 新聞記事に車両検査の様子が出ていました。

 【ブリッグ(スイス南部)=稲田信司】
 アルプスの山々の絶景を楽しむスイスの観光列車「氷河特急」の脱線事故で、 兵庫県尼崎市の国本安子さん(64)が亡くなり、28人の日本人がけがをしてから7月30日で1週間。 運行会杜のマッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)の鉄路を守る作業員らはこの日も、車輸やブレーキの点検に追われた。

 安心、安全というスイスのイメージをも傷つけた事故の主因について、連邦政府の公共交通事故調査局は同日、 運転士による速度の出し過ぎとの暫定調査結果を発表。 MGB作業主任のヒラール・テニッシュさん(43)は「車両の不具合が原因でないと知り、ほっとしたが、 1人の尊い命を犠牲にしてしまった悔しさは消えない」と話した。

(列車検査)
列車検査中。普通車両とはモータの無い客車のことでしょう。
(左車輪踏面)
踏面に平滑面が出来ています。
(アプト歯車)
アプト用の歯車です。
(右車輪踏面)
こちらも平滑面が出来ています。
(路線図)
「ヨーロッパ 列車の旅Vol.3」から、氷河急行路線図

 列車検査写真から車輪がしっかり平滑化しているのが見て取れます。
 ちなみに、記事には今回の事故車両の検査とは明記されていません。
 ひょっとすると事故に関係した車両なのかもしれません。ならば事故の際の非常ブレーキで、滑走し車輪が平滑化したとも考えられます。
 事故車両ではないとすると、車輪の平滑化はざらに見られるようです。 急勾配の上り下りや急曲線でブレーキを多用するため、きっと踏面はチンチンに焼が入っていることでしょう。 それなら氷河急行の乗り心地は、あまりいいものではないでしょうね。

 安全確保はしっかりお願いしたいのですが、氷河急行には、実は前から乗ってみたいと思っていました。

【ページトップへ】



「週刊文春」2003年3月6日号
『テレビが病んでいる 4』 山田太一のドラマ批判から

「・・・・・・

 ある時期から、ドラマ作りにおいては、一人の作家の内部で起こった切実な感情が排除され、 市場調査などによる、何が視聴者から求められているか、ということを基準にし始めたんですね。 それは明らかに営業的な理由で、なるべく大勢の人に見てもらうためには、 個人的なものに関わっていると、多くの人の共感を取りこぼしてしまうのではないかという怖れですね。

 でも、そんな調査から出てくるのは過去にあったものの焼き直しでしかない。 本来は視聴者が自分の願望というのを意識化しないでいるのを、 「本当に見たかったのはこれじゃないですか?」と差し出すのがドラマのプロのはずなんですが。 だから、市場調査みたいな後ろ向きじゃなくて、 プロデューサーでも演出家でも何か個人的な人間のカンとかひらめきを根拠にしないと、 なかなか拓けないんですね。

・・・・・・」

 15年くらい前でしょうか、連載漫画のストーリー展開が、 読者アンケートで決まると初めて聞いたのは。 読者の気持ちに添った作品作りをすることで、販売冊数を増やしていった雑誌があると。

 ギャグマンガだったはずのものが、格闘技根性ものになったり、 青春恋愛ものへと変化していくのを見ているのは不愉快きわまりないことでした。

 そのうちテレビドラマもそんなふうに変りだしました。 人物に個性がなくなり、どこにでもある大根が、板に書かれた台詞を説明するように読み上げる。

 文春は倉本聰と山田太一が、テレビドラマがおもしろくないわけを徹底批評する企画です。 その中の、上の部分にすごく納得しました。

 今、漫画雑誌は最盛期の販売数量から半減しているそうです。 一部論評では活字離れもここに至って、漫画ばなれをおこしているとされているそうです。 漫画ばなれは当然でしょう、自分の考えるように展開するだけなんだから、 読む必要、魅力なんかあるはずがない。

【ページトップへ】



朝日新聞2010年06月27日 日曜読書欄 生命を育み破壊する窒素の物語
『大気を変える錬金術
 −ハーパー、ボッシュと化学の世紀−』
     トーマス・ヘイガー〈著)

 大気の8割を占める、ありふれた窒素の知られざる顔。---
窒素を利用する画期的な方法を開発した2人のドイツ人化学者の苦闘を描いた本書は、 文明史に深くかかわる窒素という元素の物語でもある。

 窒素は矛盾に満ちている。 生物に不可欠で、肥料として生命を育む一方、それを破壌する爆薬ともなる。 その原料となる硝石はかつて、激しい争奪戦の的になった。

 また、大気中にあふれているのに、生物はそのままでは利用できない。 のどが渇いても海の水を飲めないのと同じだ。

 「飲む」には窒素を「固定」する必要があるが、 自然界で窒素を固定できるのはマメ科の植物の根につく根粒菌などの窒素固定細菌と、稲妻くらいだ。

 20世紀初め、人工的に窒素を固定する、つまり「空気をパンに変える」ことに成功したのが本書の主人公たちである。 2人の名から「ハーバー・ボッシュ法」と呼ばれ、肥料の大量生産の道を開いた。 人類を飢えから解放し、ノーベル賞も受けた化学の輝かしい成果である。

 本書は、この「歴史上最も重要な発見」のその後を克明に追う。 科学者の栄光と悲劇、科学がもたらす光と影、その落差には慄然とせざるを得ない。

 ユダヤ人のハーバーは毒ガスの開発を指揮し、結局はナチスに追われる。 化学企業のトップに上り詰めたボツシュは、その装置がドイツの戦争継続を助けたのではと苦しみ抜き、 ともに失意のうちに世を去った。

 著作紹介のうち、ここまでは化学の教科書に載っている有機化学誕生の物語です。
 化学染料と化学肥料は20世紀前半の有機化学の偉業でしょう。

 しかし、21世紀は循環の世紀となりました。

 今や、自然が固定するのとほば同量の固定窒素が彼らの方法を使って生産されているという。 私たちの体内の窒素の半分は工場生まれであり、世界の人口の半分はそのおかげで生かされているといっていい。 その多くはその方法の生みの親の名前も知らないままに。

 肥料としてまかれた窒素の半分は吸収きれず、川から海へ、また大気へと出ていく。 放たれた固定窒素が地球環境にとって新たな懸念材料であることもようやくわかってきた。

 科学の力を得た窒素の物語の終章はまだ見えない。

 評・辻篤子 本社論説委員  

 自然が固定するのとほぼ同量の窒素を人工的に固定しているとは思い至りませんでした。 ならば、環境が富栄養化するのは必然です。 耕作地から流亡するため湖沼や海域が富栄養化するのみならず、畜産屎尿投棄で山野が荒廃しています。

 また下水を高度処理するため、溶解している窒素を大気へ還すために莫大な経費がかかっています。 そろそろ高度処理を見直そうという動きもあるけれど、原理的にやめることが出来ないようです。

【ページトップへ】


 宮崎駿の最新アニメ映画『風立ちぬ』を見てきました。

 これまでの宮崎監督のアニメとは違った作風に、少々引いてしまいました。
 物語ではなくドキュメンタリーなつくりであること。
 メッセージにあふれるこれまでの作品とは違って、さしたる主張が無いこと。
 その分、映画を見ながらロジカルに考えることがないこと。
 しかし、プロットのつくり込みも余り無いようにみえる。
 特に、メッセージ性が希薄であることが、なんだか損をしたような気にさせます。

 また、この映画を見ていると、近年の映画には珍しいくらいに喫煙する場面が出てきていました。
 「いいのかな」と思っていると、次のようなクレームが禁煙学会からなされていると、新聞記事が出ました。


神戸新聞2013年08月15日 「風立ちぬ」喫煙場面多い
禁煙学会がクレーム

 全国で大ヒットを記録中の宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ]に喫煙シーンが多いことを、 医師らでつくるNPO法人「日本禁煙学会」(東京)が問題視、 スタジオジブリに対し、たばこの描き方に配慮を求める文書を14日までに送った。

 学会側は「未成年の観客も多く影響も大きい」と指摘し、文書はホームページでも公開。 インターネット上では賛否両論の書き込みが広がっており、 学会には「表現の自由」「作品に文句をつけるな」といった苦情が数件寄せられているという。

 学会は文書で、作品の中で主人公の教室や職場、ホテルのレストランなど喫煙シーンが「教え上げれば枚挙にいとまがない」と批判。 肺結核で寝込む妻の手を握りながらたばこを吸う場面については 「夫婦の心理を描写する目的があるとはいえ、他の方法でも十分表現できたはず」とした。

 学生がたばこを友人にせがむ場面もあり、同会の作田学理事長は取材に「未成年者の喫煙を助長する。 過去の出来事とはいえ、子どもたちヘの影響は無視できない」と非難した。

 「これは違う、これはひどい。これは言うべきことではない。」というのが、読んだ私の感想でしたが 「なぜ言うべきではない」のかは、自分でも曖昧でした。

 数日して、また別のまったく違う記事を読みました。



産経新聞2013年08月17日 「はだしのゲン」閲覧制限
松江市教委「表現に疑問」

 原爆の悲惨さを書いた漫画「はだしのゲン」について、松江市教育委員会が、子供が自由に閲覧できない「閉架」の措置をとるよう 市内の全市立小中学校に求めていたことが16日、分かった。 市教委によると、首をはねたり、女性を乱暴したりする場面があることから、昨年12月に学校側に口頭で要請。 これを受け、各学校は閲覧に教員の許可が必要として、貸し出しは禁止する措置を取った。

 市教委の古川康徳教育長は「作品自体は高い価値があると思う。 ただ発達段階の子供にとって、一部の表現が適切かどうかは疑問が残る部分がある」と話している。

 市民から昨年8月、作品の歴史認識をめぐって学校の図書館から作品の撤去を求める陳情があり、市議会は同12月に府採択とした。 ただ、市議会で「大変過激な文章や絵がこの漫画をしめている」という意見が出たことから、市教委が取扱いを検討していた。

 はだしのゲンは、昨年12月に亡くなった漫画家、中沢啓治さんが地震の被曝体験を基に描いた作品。

 ここまでガサツなことがなされれば、私でも何がおかしいのか判ります。
 「はだしのゲン」という作品について総体を何ら評論評価することは無く、表現の一面から批判して、 公開性という作品の存在意義をいとも簡単に断ち切ってしまっています。
 過去から、猥褻表現等の事由による映倫カットなどについてはしばしば法廷で争われ、表現の自由の制限は 明白な基準に基づき公的に抑制的になされるべきものと判例が出ています。
 それにもかかわらず、さしたる事由もないまま争点隠しのため、恣意的に実施しているのです。

 前者の場合は姑息な役人根性ではなく、偏狭な自己中心的視野を通した主張ですが、やはり明確な根拠も無く表現を制限しようとしています。
 両者とも問題点を指摘することで相手が過剰反応し引くことを期待する、現代日本の病的状況を利用した恐喝行為であることに違いはありません。

   (旬日後の決着)

 さて、宮崎駿の新作『風立ちぬ』がどのような映画であるのか、について、内田樹が既にウェブで彼の「取りつく島」を書いています。

「『風立ちぬ』にはさまざまな映画的断片がちりばめられている。 それのどれかが決定的な「主題」であるということはないと思う。 むしろ、プロットがその上に展開する「地」の部分を丹念に描き込むことに宮崎駿は持つ限りの技術を捧げたのではないだろうか。 「地」というのは「図」の後ろに引き下がって、主題的に前景化しないものである。 宮崎駿が描きたかったのは、この「前景化しないもの」ではないかというのが私の仮説である。」
「tatsuru.com 内田樹の研究室」から

 最後に、私の思ったことを書いておきます。
 この映画は宮崎駿の「ニューシネマパラダイス」です。
 彼が自分の作品作りのソースとしている、飛行機と戦争と平和への思いのエッセンスを、戦前の時代に投影し画像化したものである。
 しかし、関東大震災から終戦までの20年余りの時代背景を、40年後にずらした時、 それは宮崎駿がアニメ作りをしながら駆け抜けた時代となります。
 その時代、メッセージを残すような生き方をしたわけではない、ただアニメ映画づくりの没頭していたのだと。

 いかがでしょうか。



日経新聞2013年08月27日 「はだしのゲン」閲覧制限を撤回
松江市教委「手続きに不備」

 松江市教育委員会が市立小中学校に漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を求めた問題で、市教委は26日、教育委員の臨時会議を開き、 制限の要請には「手続きに不備がある」として撤回することを決めた。 教育委員に諮らずに事務局が要請した経緯に疑問の声が上がり、市教委は方針の転換に追い込まれた。

 まずは理性が勝ってよかった。
 しかし教育委員にはからずに事務局がバンバン要請(実質は指示)を出していることが、今回のことでよく判りました。
 そのようなことを常態化させている教育委員たちの資質も問われるべきでしょう。
 松江市教育委員会は撤回しましたが、国は残念そう。

 制限をめぐっては、下村博文文部科学相が21日の記者会見で「子供の発達段階に応じた教育的配慮は必要だ」と述べる一方、 政府・与党内からは「知る機会はきちんと保たれた方がいい」(公明党の山口那津男代表)などと市教委に批判的な声も出ていた。

【ページトップへ】



 今年の夏、新たな感染症騒動が発生しました。
 昔懐かしいデング熱の再登場です。

NHK NEWSWEB 2014年08月27日 12時00分 デング熱 70年ぶり国内で感染確認

 熱帯や亜熱帯の地域で流行している「デング熱」に、海外への渡航歴のない埼玉県の10代の女性が感染していたことが分かりました。 国内での感染の確認はおよそ70年ぶりだということで、厚生労働省は、感染経路を調べるとともに、全国の自治体に注意を呼びかけています。

 厚生労働省によりますと、デング熱への感染が確認されたのは、埼玉県に住む10代の女性です。

 これが第一報。
 続報で、感染経路は代々木公園で過ごしていて、蚊に食われたため感染と伝えらえました。
 代々木公園で感染した数人は皆、公園内で行われていたイベントに参加と伝えられたあたりから、いやあな気がし始めました。
 神宮外苑や代々木公園は東京のジョギングのメッカです。

 公園内の各所でウィルスをもつ蚊が見つかったあたりから、公園内を素肌を見せて走り回っているジョガーが蚊から蚊へウィルスをリレーしているのではないか、 なぜか私が家人にとがめられます。

 そしてとうとう、・・・


毎日新聞web版2014年09月02日 23時04分 デング熱:大阪府3人、容体は安定「代々木公園で蚊に」

 厚生労働省などは2日、新たに大阪府など6都府県の計14人について、デング熱の感染が確認されたと発表した。 大阪府高槻市保健所によると、デング熱に感染した大阪府内の3人は高槻市の病院に入院中だが、容体は安定しているという。 3人を含むグループ24人は8月25日から代々木公園北側の宿泊施設に滞在。 同日夜と26日朝、公園近くで軽い運動をし、同日午前に代々木公園内を歩いた。 うち半数以上が「蚊に刺されたと思う」と話しており、発症していない人も経過観察するという。

 3人は30日?今月1日に発熱や頭痛などの症状を訴えた。

 【五十嵐和大、山口起儀】

 テレビによると、公園近くで軽い運動というのはジョギングだったようです。

 家人は勝手に怒っています。
「ジョギングして伝染させてるのはこの3人だけじゃない。伝染させあるいておいて本人だけは元気で今日も走ってるに違いない。」
「ランナーの、全国の大会参加を禁止せんといかん!」

【ページトップへ】



 大雨が降るたび水路に落ちたりマンホールの飛んだ下水道にはまって亡くなる人の話を聞きますが、新聞に奇跡的な生還を果たした話が出ていました。
 想像するだに恐ろしい話ですが、筆者の書きぶりは薄暮のなかを流れていくような、妙にゆっくりした書き方です。

日本経済新聞 2015年02月02日 下水管に落ち 流される
死を意識 はしごつかみ生還

 …小学校の低学年だったと思うが、台風が接近した夏のある日、近所の友だち4、5人で、小戸神社という神社に出かけ、近くの大淀川にやってきた。 増水した川が逆流して下水管に流れ込んでいるのをみているうちに、調子に乗った私が身を乗り出した。 次の瞬間、何が起きたかわからなかった。

 気づいたら暗い管のなかを流されていた。思ったほど流れは速くはなく、頭を出していられるだけの空間もあった。 ただ行先もわからず流されていくだけだ。子供心にも死の淵にあることはわかったが、妙に落ち着いた静寂を感じた。 背泳ぎのような姿勢で流れていくうちに時々、光が差し込むことに気がついた。マンホールのフタから光がさしていたのだ。 次の光が見えた時、手を伸ばし、鉄製のはしごをつかんでいた。あとは必死に身体を持ち上げ、はしごを登った。 マンホールのフタを叩いていると、誰かが気がつき、開けてくれた。

 明るい場所に出て、死から逃れたことを実感した。 どう帰ったのかもわからないが、泣きじゃくりながら家に飛び込むと、顔面蒼白の両親、兄弟、友人たちが立ちすくんでいた。 70年以上たった今も記憶に鮮明に残っているのは、ささいな出来事にみえて、自分の生死観に影響を与えたからではないか。

 私の履歴書 重久 吉弘(日揮グループ代表)

 小戸神社や大淀川の名があり、70年前のこととあるので、戦中の宮崎市の話のようです。
 そこでふと、宮崎市の下水道整備はそんなに早かったのか、疑問が浮かびました。

 宮崎市の下水道事業は、昭和8年に雨水排除・浸水防止を目的に、大淀川両岸の中心市街地560.5haについて事業認可を受け、 管きょ整備事業を進めておりましたが、第2次世界大戦のため事業は一時中断されました。

 宮崎市HP「公共下水道事業の沿革」から

 雑排水や雨水を集め、未処理のまま排水する、今でいう都市下水路のような管渠がところによってできていたようです。
 逆流していたのも良かったのでしょう。だんだん管は細くなり側溝などへ流れ出していただろうから、流されるほど浅いほうにいき流速も遅くなったことでしょう。

 今はゲリラ雷雨が襲来し、雨水は深い地下河川に瀧落としに流れ込んだりしています。とてもじゃないけれど助かりません…

【ページトップへ】


equさんのページ