黒川祐次『物語 ウクライナの歴史』

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


 スキタイ、ギリシャ植民市の頃から、ヴァリャーグのリューリクのキエフ公国建国、 リトワニア侯国、ポーランド、続いてロシアによる支配、ソビエト連邦下のウクライナの成立と近年の独立までの通史です。
 歴史と風土、人物史を一冊の新書にまとめてあります。

 読んでいると、昔読んだ物語をいろいろと思い出しました。
 「イーゴリ公軍記」※1ゴーゴリの「隊長ブーリバ」※2ゴーリキー「チェルカッシ」※3
 滅びゆくものへの共感、郷土への哀愁、そういった思いがこめられた作品でした。 ただ、背景となるキエフ公国やコサックの生活、ウクライナの歴史風土について、情報が少なすぎて、 彼らの思いがいまひとつ判らなかったような気がします。
 読んだのは小学校中学年ですから、無理がありました。

 大国ロシアの支配に覆い隠されていたウクライナの文化が、この本を読んだことで判りかけてきたようです。
 ザポロージェ、チェルカッシ、そしてドニエプル河の黒い崖が呼ぶ、郷土への郷愁が。

 ※1 不明

 ※2 少年少女世界の名作文学33  小学館, 昭和40

 ※3 少年少女世界文学全集31(ロシア編 2)講談社, 昭和35



ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ