イエールジ・コジンスキー『異端の鳥』

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


「十分な数の鳥が寄ってきた。レックはこの捕虜を 放すようにとぼくにいった。その小鳥は解放され、 喜び勇んで、空高くに雲を背にして虹色の点となっ て舞いあがっていき、待ちかまえている茶色の群れ のなかに飛びこんだ。瞬間、鳥の群れは混乱した。 彩色された鳥は鳥の群れの端から端へと飛びまわり、 仲間のひとりだと納得させようとむだな努力を続け る。しかし、そのけばけばしい色に眩惑された鳥の 群れは納得しないままに、その鳥のまわりを飛んだ。 彩色された鳥は懸命に群れの中に加わろうとするの だが、しだいに遠くへ遠くへと押しやられる。その あとまもなくして、一羽ずつ次から次へと激しい攻 撃を加えて、その鳥の皮膚をついばむのをぼくたち はみた。」

 第二次世界大戦がはじまり、都会の両親の元から 遠い田舎の村に疎開させられた6歳の少年は、紅毛 碧眼の村人から、そのオリーブの肌、黒髪、黒い目 のため、そして都会で受けた教育のため迫害を受け ることになる。

 という話です。イエールジ・コジンスキーは共産 主義体制下ポーランドからアメリカへ逃れ、そこで 英語を身につけ、瞬く間にデビュウした、言語に天 才的な才能をもつ作家だそうです。

 佐藤亜紀『戦争の法』に戻る。



ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ