角緒治『SE物語』工学社

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


 装丁はちょっとまんがチック、でも、内容は二十代から四十代になるま での、システムエンジニアの経験、悲哀、伝えたいものをオムニバスにし たものです。
 作者は、若い技術者へ教える経験、伝えたいことにあふれ、それが(門外 漢のわたしにも)おもしろく、魅力的なものとなったのでしょう。

 最先端の現場は修羅場でしょうが、人物もつくるところと思いました。

 当事者のルポルタージュとして、大村幸弘『鉄を生み出した帝国』を思い 出します。



ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ