クリフォード・D・シマック『都市』

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ


 これは、火があかあかと燃え、北風が吹きすさぶとき、犬の物語る話の数々です。どこ の家庭でも、みんな炉ばたにつどい、子犬たちは黙々と坐って、話に耳をかたむけ、話が 終るといろいろな質問をします。
 たとえば、「人間ってなあに?」とか、
「都市ってなあに?」とか、
「戦争ってなあに?」と、いう風に。
 こういう質問には確答が出ないのです。仮定もあり、憶説もあり、いろいろと知性にあ ふれた推測もされますが、いずれも解答らしい解答にはなりません。
 これはただのお話で、人間だの、都市だのなんてものはありゃしないのさ、とか、こん な単純なお伽噺の中に、だれも事実など探そうとは思わない、これはほんのおなぐさみ、 だから片っぱしから忘れてしまっていいのだよ、とか、話し手はとかく家庭で、このよう な古風な言い抜けをせざるを得なくなるのです。
 子犬たちに受け答えしているうちに、こんな説明は説明でなくなってきます。こうした 単純なお伽噺の中にも、やはり真実はさがし求められるからでしょう。
 この物語は八つの話から成り立っていて、数え切れぬほどの世紀を重ねる間、次々に語 り継がれてきました。

・・・・・・という風に物語は始まります。遠い未来、人間が退いていき、荒涼たる広野のよう な世界が残されます。
 喧騒と猥雑に満ち溢れた社会が盛りをすぎて、徐々に凋落して行くさまを寂しいような どこか懐かしいような表現で書きつらねた物語です。

 どこかスタインベックの『怒りの葡萄』の西部の風景を思い出します。



ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ここをクリックすると、つぎのページへ

ここをクリックすると、まえのページへ